「ふるさと納税」 震災でもう一度意味を見直す


熊本県、大分県を中心に九州地方で相次ぐ地震による被害が広がっている中で、各方面からの支援や寄付などの動きも国内外を問わず日々広がってきている。ここで今一度、再認識したいのが「ふるさと納税」の存在。現在は年間に40万人以上が利用する制度で、「控除+特産品」で関心が高くなっているが、本来は納税者個人が寄付をする自治体を選ぶことができるというもの。もちろんこの制度以外にも寄付する方法は数多くあるが、大震災が起きた今こそ思い出したいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. hossori α(ほっそりアルファ) ・ 痩せたいが運動はしたくない方 ・ 楽…
  2. 【宝仙堂】すっぽんシジミAgeEX  すっぽんAgeEXは、体力・気力の変化を感じる40代以上…
  3. 合同会社実践マーケティングセンター
    「Uptempo」  マルチショップ・マルチリンガル・ダウンロード販売を可能とする、次世代ショッピ…
  4. カンタン!美味しい!種類も豊富! カット&スチーム野菜の宅配 イエコック  最近…
  5.  2014年12月20日発売の雑誌「CDジャーナル」にjazzmanの視聴記事が掲載されています。 …

ページ上部へ戻る