【沙羅曼蛇かよ】体がほぼ「眼球」というとんでもない古代生物発見される!1億6,000年前に生息

ewqfew

人間やその他動物の目は2つあり、これはモノを立体的にとらえるために左右についております。しかし実は目が一つという生物は探せばいっぱいいるようで、ミジンコなどはその典型的な例です。正面から見るととんでもなく恐ろしい顔をしているようですが、それを上回る生物が発見されたというのです。それがこちら。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY | 最新の面白ニュースサイト

この著者の最新の記事

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. マタニティウエディング専門式場探しサイト【ママ婚】 結婚式の4人に一人がおめでた婚といわれ、多…
  2. 高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印の専門店INKANS.COM ネット通販でオリジナル印鑑…
  3. アフリカの子どもと一緒に育てるグローバル教育 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンは、途上…
  4.  今、アチラコチラで広告を見かけますが、DMM mobileのデータSIMプランで月々660円から(…
  5. ANA利用の格安国内旅行はミュゼトラベル  ミュゼトラベルは、脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を展開…

ページ上部へ戻る