やはり大手の「億ション買っとけ」! マンションデータ改ざんの教訓

2020年開催の東京五輪後の価格下落、中国人富裕層たちの占有率上昇などが、最近のマスコミが取り上げるマンションの話題の主流だった。ところが「パークシティLaLa横浜」のデータ改ざん発覚によって、話題はこれ一色に染まっている。マンション購入にはリスクも付きものだが、今回は売主が業界大手の三井不動産レジデンシャル。業界関係者は「何かあったときに大手かどうかで補償は違ってきます」というのがせめてもの救いだが、買えるならば大手の億ションなど高額物件を買うのがやはり安全だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 合同会社実践マーケティングセンター
    「Uptempo」  マルチショップ・マルチリンガル・ダウンロード販売を可能とする、次世代ショッピ…
  2. 相談料0円・着手金0円・取り戻せなかったら費用0円 労働問題に強い5つの弁護士事務所が強力サポート…
  3. 【絶対節税の裏技77】 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています。 …
  4. 世界一の長寿村の100% シークヮサージュース  累計150万本突破のシークヮーサージュース「…
  5. あなたのダッフィー、実はレアかも!? ダッフィー買取専門【GOODS買取ネット】  TDSの大人…

ページ上部へ戻る