6/16センターレポート パート3      ⑥

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き6/16のレポートです。

センターで譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。
問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。

【譲渡室】6頭(メス5頭、オス1頭)(+赤ちゃん9頭)

ケージⅠ ※6/9よりレポート登場 (6/2収容)
▼茶 柴 メス 5-6歳 7キロ 
ケージを開けるとコロコロの子犬さんがスヤスヤ。

ママ柴ちゃんは神経質になることもなくひょいと飛び出して入口にまっしぐら。

一面に広がるチッコの海。それはそれは多かったです。
子犬を汚さないように、新聞紙が濡れないように
ずーっと我慢していたのかな。
子犬さんのところの新聞紙は全然汚れていないものね。
丸顔のキュートなママちゃんです。




人馴れも全く問題なし。歯も嫌がらずに見せてくれます。

子育てが終わったらのんびりできるお家を探そうね。



ケージⅢ ※6/16レポート初登場 (6/4収容)
▼栗色茶白 メス 3-4歳? 12-3キロ
ケージの中には生まれて間もない(収容されてすぐの6/8出産)
赤ちゃんが7頭。目も開いていません。


それでも神経質なところは全くなく、ケージから喜んで出てきました。

人が大好き。おやつをもらえることがわかって、ポケットにまっしぐら。

でも、ちゃんとお座りができるんです。長くは続かず一瞬お座りです。

コーギーが入っているかのような、はっきりした顔立ちです。

歯は触れるのですがじっとしてくれなくて、
お口が開いた写真を見るときれいです。


子育てが終わったらすぐにコドモに逆戻りしそうな子です。


ケージⅣ ※5/26よりレポート登場 (5/19収容)
▼薄茶 メス 2-3歳 14-5キロ
ケージに入っている間はずっと吠えていましたが、外に出すとすぐにゴロン。
なでててなでてとクネクネ甘えます。人恋しくて吠えていたのでしょう。

とてもきれいなお顔で、見るからに女の子。



歯を見せるのは嫌と、手を前足で払おうとするのですが、
唸ったり、お口が出たりの攻撃や威嚇とは無縁の子です。

以前のレポートのクールビューティは返上したのか、
すっかり甘えん坊さんです。



ケージⅥ ※2/17よりレポート登場(1/29収容)
▼クリーム色 メス 2歳くらい 16-17キロ
この子も人が大好き。待ってましたと体全体で喜びを表現します。

性格の良さがにじみ出ているお顔です。

まだ若いのに、出産経験も1度や2度ではないように見えます。

先週は毛も生えてきていたようでしたが、
天候のせいかやや悪化したかも知れません。

触っても痛がりもしませんが、舐め壊したような感じですから
気になるのでしょう。増々、悪化させてしまいます。

1日も早く専門的な治療を受けさせてあげたいです。


ケージⅦ ※2/3よりレポート登場(1/23収容)
▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
隣の子の撮影をしているとき、
この子のケージの下の隙間から新聞紙が押し出されてきました。

かなりグイグイと押し出すので、なんだろうと引っ張ってみると
たっぷりのチッコとどっさりのウンチ。思わず笑ってしまいました。

よほどきれい好きなのでしょう。確かにあれでは座るところもなかったものね。


きれいな横顔から見えている歯はきれいです。




ケージⅧ ※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
「飼い主募集中!!№2809」
この日も新聞紙ビリビリは十分に楽しんでいたようです。

いつもは排水溝まで行ってチッコしケージの中はきれいだったのに
ビリビリの新聞紙がこの日はビチョビチョでした。
そんな日もあるでしょう。


基本的には綺麗好きで、いたずらをしているのは退屈なだけだと思います。
保護当初からお座りも伏せも上手にできて、しつけられていたのでしょう。

見たところ元気で健康に問題はなさそうですが、
年齢を考えると早く出してあげたいです。




この日引き出した子7頭です。




預かりボランティア宅で身心両面のケアを整えてから
いぬ親さんの募集となります。
ちばわんHPいぬ親さん募集ページをご覧ください。
たくさんの犬達が家族との出会いを待っています。


センターの別部屋は、あちらもこちらも子猫であふれ返っていました。
生後間もない子、猫風邪で目がふさがってしまっている子、
数えきれないくらいです。
人馴れした甘えん坊の成猫もたくさんいました。
どの子も必死に生きようとしています。
センターの職員さんたちも丁寧にお世話してくださいますが、
あの数では手が回らないのではと心配になるほどです。
どうぞ、育てられない命をこれ以上増やさないようにしてください。
せっかく生まれた命を簡単に放棄しないでください。
犬だけに限らず猫も避妊・去勢を徹底してください。
ご近所、知り合いの方に現状をお伝えください。

レポートはパート4に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: ペットファミリー

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 電子書籍
    《honto電子書籍ストア》    文芸、ビジネス書、コミック、雑誌など、幅広いラインナップを取…
  2. 高速インターネット
     NURO光(ニューロ)は、世界最速下り最大2Gbpsで、全てコミコミ完全定額の4,743円で使い放…
  3. あなたのお酒、あなたが満足する価格で買い取ります。 不要なお酒の買い取りならスピード買取.jp …
  4. 大切なあの方に良質な贈り物を[ギフト通販ミーム]  * ギ フ ト で 結 ぶ コ…
  5. 【セイコーメディカルブレーン】 ◆ セイコーメディカルブレーンで薬剤師として働きませんか?  原…

ページ上部へ戻る