この中に、
吠えもせずいつ見てもおっとりしていて、静かに宿命を見据えているような子がいました。
他犬の吠えに影響されることなく、人間に動揺する様子もなく、
ただただおっとり周りを眺めている・・

※2/10よりレポート登場(1/26収容)
▼№Ⅱ 茶白(半長毛)メス 7歳以上 16キロくらい 


譲渡室Ⅱ番に入っているこの子は、
シニアであることと穏やかな性格とが相まってか、とても静かで、
過去の幸せだった日とかこれから先の見通しとか、
それらすべてが儚くて、涙が出そうになりました。

どうぞワンコと落ち着いた暮らしをしたい方にめぐりあって、
温かい腕の中に抱きしめてもらってください。



(こちらの1枚は↓前回のレポート写真より拝借しました)






※2/10よりレポート登場 (1/29収容)
▼№Ⅴ茶 オス(去勢手術済み) 2-3歳 16.88キロ
飼い主募集中!!№2891

出してもらうのが待ち遠しくて、ガラス戸を開けると
元気いっぱいにIさんの懐に飛び込み抱擁される君。
甘えてきます、嬉しさを身体ごと表現して。
健気ですね~




でも決めポーズはモデル並みにキメます!

飼い主様を募集しています。







3/10からレポートに登場 (3/9収容;他抑留所からの移送)
▼№Ⅶ オス 茶 柴ミックス 2歳半程度 12-13キロくらい

ケージから出してもらったら、なが~いオシッコをしました。
もうチョッㇳそっちにしてくれたら良かったのに床にしちゃったワ
・・なんてつい言ったら、
まるで聞こえたかのように場所を移動して、スチール溝の上に乗って、
残りの尿を滴のように膀胱から絞り出していました。

次の電車が来そうなほど長いオシッコスタイルだったので、
まだ出てるのかしら?と覗き込んで見ると、
溝にたまって澄んでいるいる水の表面が、
葉っぱから滴り落ちる滴のように叩かれていました。

我慢してたんだね。

巻尾もキモチ良さそうに見えます。

(その様子を、眺めている子たち。)

オシッコが終わったら、今度は速やかにウンちゃんに移行しました。
これまた我慢してたんだね~


この子は古くはない綺麗で青い首輪をしています。
きっとお散歩での排泄習慣が身に付いていたのでしょう。

大も小も終えたらスッキリしたのか、つま先立ちで窓の外を見ました。
 なぜここに君はいるの?






※1/13よりレポート登場(12/22収容)
▼№Ⅳ オス (去勢手術済) 鼻黒茶 14.2キロ 4-5歳
飼い主募集中!!№2837

上の子の排泄を眺めながら、ぼくの番は今か今かと待っていた子。
シッカリしたカメラ目線をくれました。
きょうはオヤツを持ってないの、ゴメンね。
早く此処から出られたらいいね。





※昨年12/16よりレポート登場
▼№Ⅷ オス 茶黒(去勢手術済) 8-9歳 14.12キロ
飼い主募集中!!№2809

確信の溝排泄! 
ドンピシャの溝排泄は、感嘆の名人芸でした。

昨年12月からのセンター暮らしで会得した
部屋を汚さない中腰スタイルでの排泄は、
此処での美しい暮らし方を後輩に教示しているかのようで、
おもわず笑みがこぼれる名人ならぬ名犬っぷりです。笑

そして適度に甘え、


適度な尺を図り、


それではこの辺で・・と、
カメラ目線をくれてお帰りになった子でした。







※2/17からレポート登場(2/3収容)
▼№Ⅰ 薄茶黒 オス 1-2才? 17-18キロくらい

中庸的な感じの子で、印象深くないところが印象的な子です。
瞳の綺麗な子ですし、コマンドなど人とワンとの約束事が取り交わせるようになったら、さぞ素敵な子になり、瞳はもっと勢いを増すことでしょう。

(この1枚は前回のレポート写真より)




※1/6よりレポート登場(12月後半他抑留所から移送)
▼№Ⅵ 白黒・薄茶混じり オス(去勢手術済み) 8歳程度 13.68キロ
飼い主募集中!!№2833

明るい子です。
譲渡室にいる子は、どの子もみんな人が大好きです。
人が恋しくてたまらない子ばかりです。
この子も、お顔そのものが笑顔で、
人のそばにいられる日が一日も早くやってくるよう願わずにはいられません。






※2/17よりレポート登場(2/9収容)
▼№Ⅲ 黒(ラブラドール・レトリバー) オス 2才くらい
 30キロ以上(太り過ぎ) 35キロ以上40キロ未満



早く出してほしくて機関銃のように吠えて訴えていました。
「やっとキターっ!、ぼくの番・・」と、ウッホウッホと出て来ました。
丸太のようなカラダが、うれし過ぎてワッショイ!ワッショイ!
弾けっぱなしです。

”振り回される”、とはまさにこの事かと
人間であるこちらが情けなくもあり。

「ノーッ!!」と一喝すると、思いがけずスッと止まりました。
そこで「スワレッ!」と腹からの声で畳みかけると、
スッとオスワリをしました。


コマンドは入っているらしい態も、3秒持ちません。
すぐに腰を上げてまた元のテンションに戻ります。

「ノー」「スワレ」の号令には何度も従いますが、
何せチャラチャラしていて落ち着きがないのです。
この事態を収拾するには、
ファルセット(裏声)のような優しい女性の号令では脱却できないと思います。

その点はトレーニングでどうにかなると思いますが、
問題は、健康管理であるダイエットでしょう。

今は、人が大大大好きなチャラおですが、
この子が正しい飼育により犬らしく生きられますように。

どうぞよろしくお願いいたします。





レポートはパート4に続きます。


" />
nanayamukabuさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き3月17日のレポートです。

譲渡先・預かり先を探している子たちのご紹介です。
問い合わせ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


【譲渡室】

譲渡室の8頭のワンちゃんたちをレポートするため人間二人で入室すると、
大多数が「来た来た!マッテマシタ!」「マッテマシタ!」とばかりに吠えて、
それぞれがそれぞれの期待度を最大限に発揮しています。

人恋しい子が長く此処センターで生かしてもらって、
人間とのたまのふれあいを楽しみにしているのかと思うと、
何とも言えず切ない気持ちになりました。






この中に、
吠えもせずいつ見てもおっとりしていて、静かに宿命を見据えているような子がいました。
他犬の吠えに影響されることなく、人間に動揺する様子もなく、
ただただおっとり周りを眺めている・・

※2/10よりレポート登場(1/26収容)
▼№Ⅱ 茶白(半長毛)メス 7歳以上 16キロくらい 


譲渡室Ⅱ番に入っているこの子は、
シニアであることと穏やかな性格とが相まってか、とても静かで、
過去の幸せだった日とかこれから先の見通しとか、
それらすべてが儚くて、涙が出そうになりました。

どうぞワンコと落ち着いた暮らしをしたい方にめぐりあって、
温かい腕の中に抱きしめてもらってください。



(こちらの1枚は↓前回のレポート写真より拝借しました)






※2/10よりレポート登場 (1/29収容)
▼№Ⅴ茶 オス(去勢手術済み) 2-3歳 16.88キロ
飼い主募集中!!№2891

出してもらうのが待ち遠しくて、ガラス戸を開けると
元気いっぱいにIさんの懐に飛び込み抱擁される君。
甘えてきます、嬉しさを身体ごと表現して。
健気ですね~




でも決めポーズはモデル並みにキメます!

飼い主様を募集しています。







3/10からレポートに登場 (3/9収容;他抑留所からの移送)
▼№Ⅶ オス 茶 柴ミックス 2歳半程度 12-13キロくらい

ケージから出してもらったら、なが~いオシッコをしました。
もうチョッㇳそっちにしてくれたら良かったのに床にしちゃったワ
・・なんてつい言ったら、
まるで聞こえたかのように場所を移動して、スチール溝の上に乗って、
残りの尿を滴のように膀胱から絞り出していました。

次の電車が来そうなほど長いオシッコスタイルだったので、
まだ出てるのかしら?と覗き込んで見ると、
溝にたまって澄んでいるいる水の表面が、
葉っぱから滴り落ちる滴のように叩かれていました。

我慢してたんだね。

巻尾もキモチ良さそうに見えます。

(その様子を、眺めている子たち。)

オシッコが終わったら、今度は速やかにウンちゃんに移行しました。
これまた我慢してたんだね~


この子は古くはない綺麗で青い首輪をしています。
きっとお散歩での排泄習慣が身に付いていたのでしょう。

大も小も終えたらスッキリしたのか、つま先立ちで窓の外を見ました。
 なぜここに君はいるの?






※1/13よりレポート登場(12/22収容)
▼№Ⅳ オス (去勢手術済) 鼻黒茶 14.2キロ 4-5歳
飼い主募集中!!№2837

上の子の排泄を眺めながら、ぼくの番は今か今かと待っていた子。
シッカリしたカメラ目線をくれました。
きょうはオヤツを持ってないの、ゴメンね。
早く此処から出られたらいいね。





※昨年12/16よりレポート登場
▼№Ⅷ オス 茶黒(去勢手術済) 8-9歳 14.12キロ
飼い主募集中!!№2809

確信の溝排泄! 
ドンピシャの溝排泄は、感嘆の名人芸でした。

昨年12月からのセンター暮らしで会得した
部屋を汚さない中腰スタイルでの排泄は、
此処での美しい暮らし方を後輩に教示しているかのようで、
おもわず笑みがこぼれる名人ならぬ名犬っぷりです。笑

そして適度に甘え、


適度な尺を図り、


それではこの辺で・・と、
カメラ目線をくれてお帰りになった子でした。







※2/17からレポート登場(2/3収容)
▼№Ⅰ 薄茶黒 オス 1-2才? 17-18キロくらい

中庸的な感じの子で、印象深くないところが印象的な子です。
瞳の綺麗な子ですし、コマンドなど人とワンとの約束事が取り交わせるようになったら、さぞ素敵な子になり、瞳はもっと勢いを増すことでしょう。

(この1枚は前回のレポート写真より)




※1/6よりレポート登場(12月後半他抑留所から移送)
▼№Ⅵ 白黒・薄茶混じり オス(去勢手術済み) 8歳程度 13.68キロ
飼い主募集中!!№2833

明るい子です。
譲渡室にいる子は、どの子もみんな人が大好きです。
人が恋しくてたまらない子ばかりです。
この子も、お顔そのものが笑顔で、
人のそばにいられる日が一日も早くやってくるよう願わずにはいられません。






※2/17よりレポート登場(2/9収容)
▼№Ⅲ 黒(ラブラドール・レトリバー) オス 2才くらい
 30キロ以上(太り過ぎ) 35キロ以上40キロ未満



早く出してほしくて機関銃のように吠えて訴えていました。
「やっとキターっ!、ぼくの番・・」と、ウッホウッホと出て来ました。
丸太のようなカラダが、うれし過ぎてワッショイ!ワッショイ!
弾けっぱなしです。

”振り回される”、とはまさにこの事かと
人間であるこちらが情けなくもあり。

「ノーッ!!」と一喝すると、思いがけずスッと止まりました。
そこで「スワレッ!」と腹からの声で畳みかけると、
スッとオスワリをしました。


コマンドは入っているらしい態も、3秒持ちません。
すぐに腰を上げてまた元のテンションに戻ります。

「ノー」「スワレ」の号令には何度も従いますが、
何せチャラチャラしていて落ち着きがないのです。
この事態を収拾するには、
ファルセット(裏声)のような優しい女性の号令では脱却できないと思います。

その点はトレーニングでどうにかなると思いますが、
問題は、健康管理であるダイエットでしょう。

今は、人が大大大好きなチャラおですが、
この子が正しい飼育により犬らしく生きられますように。

どうぞよろしくお願いいたします。





レポートはパート4に続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: ペットファミリー » 里親サイト

この著者の最新の記事

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 家計に無理なくプラセンタで毎日キレイ習慣 【プラセンタビューティアップ】   美容に人気が高い…
  2. 安眠枕でぐっすり睡眠
    寝姿勢を科学した! 睡眠時の姿勢と呼吸を優しくサポート 睡眠の専門家も絶賛の安眠枕【スリープドクタ…
  3. レモーラリスティング  リスティング広告入門!goo・BIGLOB・Excite・@niftyなど…
  4. 「どんな敏感肌でも使える、信頼できる化粧品が欲しい」 ~ そんな開発チームの思いから生まれました …
  5. 「UCOM光」は業界最安クラスの光インターネット 安定な速度、安心なサポートを備える安い光はU…

ページ上部へ戻る