ドローンといえば今や日常的な撮影にも使われるし、軍事にも利用されるしと、幅広く活躍するアイテムではありますが、 ..." />

おなら噴射して空を飛び回る画期的なドローンが登場してしまう

ドローンといえば今や日常的な撮影にも使われるし、軍事にも利用されるしと、幅広く活躍するアイテムではありますが、そんなドローン、ついにとんでもない形状のものが登場し話題を呼んでおります。それは水陸両用、ならぬ水空両用というタイプです。いったいどのようなものなのでしょうか。

とんでもないおなら型のドローン

こちらは、今まで見たこともないロボットで、まるで我々が見たこともない奇怪な生物を見ているかのようなそんな印象を与えるものです。

独自の可燃燃料をもとに、水中から飛び上がるという方式でいわゆるおなら型の噴射を行い、空を飛ぶわけです。

その衝撃的な映像がこちらになります。

このロボットの目的は、通常水の撮影を行う上で、岩・サンゴ・氷などの障害物が問題になるのですが、このロボットを使えば、上からも撮影できて、0.2グラムの燃料で26メートルの飛行ができるということです。

燃料は、炭化カルシウムペレットと水を混合して可燃性のアセチレンガスを生成するということで、ドローンのような長時間飛行というより、突発的な障害物回避と見られます。

コレが将来軍事活用されるとしたら、水中から突如これらが飛び出すという恐ろしい光景を目の当たりにするのかもしれません。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/flying-fish-robot-farts-out-20390222

画像掲載元:写真AC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 「キャリーオン(CarryOn)」ブランド子供服のリサイクルコミュニティー
    キャリーオン(CarryOn)  キャリーオン(CarryOn)は、ブランド子供服のフリーマー…
  2. 全自動で発芽玄米が炊ける【新 なでしこ健康生活】自家製パン、甘酒、各種圧力調理も! 「炊飯機能…
  3.  国内最大級のストックフォトサイト【PIXTA】   …
  4. Cloud n(クラウド・エヌ)  NTTコミュニケーションズが提供する、豊富なAPIを備えた拡張…
  5. 合同会社実践マーケティングセンター
    「Uptempo」  マルチショップ・マルチリンガル・ダウンロード販売を可能とする、次世代ショッピ…

ページ上部へ戻る