池袋のホテルから女性の変死体が発見されるという非常にショッキングな事件が起きてしまいました。そのホテルは残念な ..." />

池袋変死体発見現場付近、大島てるにより正真正銘の魔窟であったと判明!

池袋のホテルから女性の変死体が発見されるという非常にショッキングな事件が起きてしまいました。そのホテルは残念ながら事故物件となってしまったわけですが、事故物件を調べるサイトと言えば「大島てる」。その大島てるでこの度の事件があった池袋北口を調べると、池袋という場所にはモノスゴイ数の事故物件が混在した魔窟だったようです...!

炎だらけ

事故物件を地図上に炎のマークで一目でわかる様になっているのですが、池袋北口の周辺は炎マークだらけでした。しかも見てみると非常に物騒な事ばかりかかれてる...

twitterの反応

戦後間もなくじゃないんだから...というレベルの治安の悪さ。15年前って結構最近ですけどね...

池袋、結構好きな街なんですがこんなに怖いところだとは。

大島てるは一般の人からの投稿によるもの

この方が見たTVでは、別のホテルを映していたようですが、大島てるではさらにまた別のホテルに記述があるようです。こういったことも起こり得るので、大島てるが全て正しいというわけではないのかもしれません。

まあ、それにしたってあれだけ燃え盛っていたら怖いのに変わりはないですが...

事件が大々的に放送された場所であれば、大島てるに記載されていなくとも記憶に残ってしまう場合も多いです。何にせよ、怖いのは霊などでなく生きている人ですね...

画像掲載元:写真AC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 用紙の通販・ネットショッピング【ペーパーダイレクト】  ストラップ、カレンダー、アルバムキットなど…
  2. 現存する日本最古の週刊誌の定期購読  週刊誌『週刊東洋経済』は、1895年(明治2…
  3. 中古ピアノの高額買取 Piano Wanted 「ピアノを売りたいのだけど、高く買い取ってく…
  4. ティーバッティングマシーン「リターンティー」  少年野球チームのコーチが作る画期…
  5. 【eBookJapan】は日本最大のマンガ(電子書籍)販売サイト  PCにダウンロードして、すぐ読…

ページ上部へ戻る