異常な気温、頻発する台風、襲いかかる水害、アマゾンの火災・・・我々は常にこの地球上の驚異にさらされているわけで ..." />

地球ヤバイ!6000万年ぶりに「ソテツ」の雄花・雌花が開花してしまう!

異常な気温、頻発する台風、襲いかかる水害、アマゾンの火災・・・我々は常にこの地球上の驚異にさらされているわけですが、そんな驚異を作り出しているのが我々人間にほかならないことは幾度となく、学んできたわけですが、ここに来てさらなる問題が発生しているということです。これはとんでもないことです。

6000万年ぶりに花が開花する

6000万年前といえば、あの恐竜が絶滅して500万年経過、地上は楽園を取り戻しつつある中、初期の霊長類が登場し始めるときであります。それでも、原人や人類の祖先が登場するはるか前であることは確実ではあるのですが、そんな時代に咲いていたソテツの花が、時を越えて花開いたというとんでもなく、ファンタジーな話が英国で話題となっております。

Cycas revoluta(カラナツメ)という植物、いわゆる「ソテツ」が、なんと6000万年ぶりに咲いたとのことです。6000年ではなく6000万年ぶりです。

これはどれぐらい珍しいの?

ベントナー植物園によると、これは非常にレアな喜ばしい花の現象ではなく、地球上の気候が、恐竜時代に戻りつつあると警鐘を鳴らしているとのことです。

ただしこれには条件があって、温かい温室の中ではなく、自然に雄花・雌花が同時に咲くという条件です。

通常暖かい気候の条件下でそれぞれが咲くわけですが、温室ではなく自然状態で咲くのは例がないということです。

ちなみに、このソテツは日本ではおなじみですが、海外では珍しくそんなソテツが起こした現象に研究者は驚いているようです。

このまま気候が変動し温暖化が加速すれば、地球上に今とは異なる生物がはびこるのかもしれませんね。そして、数千万年後、なぜ「旧人類」は絶滅してしまったのか、議論になるのかもしれません。

とある都市伝説では、別の惑星が地球に衝突するなんてことが言われておりますが

それ以前に消滅しないように気をつけたいものです。

掲載元
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-7386477/Rare-primitive-plant-produced-male-female-cones-time-60MILLION-years.html

画像掲載元:写真AC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 全国で送料無料のジャニーズグッズ高額買取 全国から送料無料で、ジャニーズグッズを高価買取いたします…
  2. 歳を重ねて体型が気になる方に! 黒の力で健康キレイ「黒美妃」  黒美妃(くろびひ)は、10種の…
  3. 安心・安全の九州産の野菜 "九州野菜王国"の野菜セット   ● 子供に美味しい、安心・安全な野…
  4. トータルマネジメントが行える【ハイスペック】専用レンタルサーバー  レンタルサーバー、専用サーバー…
  5. 今、メディアでも話題の宅配クリーニング<リネット> 家から一歩も出なくていい! 送料無料で家まで…

ページ上部へ戻る