「嬲る」という漢字をご覧になったことはおありでしょうか。「男」という漢字の間に「女」という漢字がはさまれていま ..." />

「嬲る」←漢字「男」を構成に含む難読漢字4選!

「嬲る」という漢字をご覧になったことはおありでしょうか。「男」という漢字の間に「女」という漢字がはさまれています。今回は「男」という漢字を使ってできている漢字を出題してみました。「女」という漢字を使ってできている漢字は多くあるのですが、「男」という漢字を使ってできている漢字はそれほど多くはありません。あなたは、今回の難読漢字4個のうちいくつ読むことができるでしょうか。

「嬲る」という漢字は「なぶる」と読みます。

「嬲る」という言葉を聞いたことはおありですか。「なぶる」という言葉には、「弱い立場の者などを、おもしろ半分に苦しめたり、もてあそんだりする。」とか「からかってばかにする。」というような意味があります。できることならば、あまり使いたくない漢字ではないでしょうか。

実は「なぶる」と読む漢字は他にもあります。それは「嫐」という漢字です。こちらは「女・男・女」とつながっています。どちらも男と女という漢字を使ってはいるものの異なる漢字です。しかし、同じ読み方をします。不思議ですね。

次は「娚」という漢字です。

今回は「男」という漢字を使ってできている漢字を出題していますが、この漢字には「女」という漢字まで使われています。読み方がわかると、なるほどと思ってしまうでしょう。さて、どのように読むと思いますか。

「娚」という漢字は、「めおと」と読みます。

「女」と「男」という漢字で「めおと」ですから、納得できますね。しかし、あまり見たことのない漢字ではないでしょうか。一般的には、「夫婦」という漢字を思い起こすのではないでしょうか。

この漢字を簡単に読めてしまえる人は、かなり漢字に詳しい方なのではないでしょうか。「娚」という漢字は、「めおと」以外には「なん」「ねん」という読み方もあります。

次は「舅」という漢字です。

「男」という漢字の上に「臼(うす)」という漢字がのっています。この漢字は何と読むでしょうか。

「舅」という漢字は「しゅうと」と読みます。

「舅」というのは、夫または妻の父親のことを表します。しかし、この漢字を「おじ」と読むこともあるそうです。ただし、その場合は母や妻の兄弟のことを意味するようです。日本語って難しいですね。

次は「甥」という漢字です。

こちらの漢字は、「見たことがある。」という人は多いのではないでしょうか。しかし、会話の中では使いますが、漢字で示されると読むことができる人は少ないのではないでしょうか。

「甥」という漢字は、「おい」と読みます。

「甥」というのは、自分の兄弟姉妹が生んだ男の子のことです。自分の兄弟姉妹が生んだ女の子のことは「姪(めい)」といいます。「おい」や「めい」という言葉はよくご存じでしょう。でも、漢字となると別かもしれません。

「女」という漢字を構成に含む漢字は幾つも挙げられると思うのですが、「男」という漢字を構成に含む漢字はなかなか思い浮かばないのではないでしょうか。「虜」などという漢字もありますが、今回は「男」という漢字がわかりやすく構成に含まれているものを出題しました。

花に関する難読漢字、果物に関する難読漢字など、調べてみるとたくさんの難読漢字があります。難読漢字の意外な読み方を覚えると、周りの人に教えたくなりませんか。漢字の問題一覧 の中には難読漢字の問題がたくさんあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 厳選素材でたしかな味わい、みたらし団子と和菓子専門店【八雲だんご】 八雲だんごは、愛知県豊橋市…
  2. あなただけの手作りヨーグルト 世界で累計販売【7億個】突破!!  EasiYo(…
  3. [買取ヒーローズ]のネット買取について ◆ 多彩なアイテムが買取りの対象です。 …
  4. ナグモクリニック総院長 南雲先生監修「焙煎ごぼう茶」でおなじみの【あじかんショップ】 …
  5. ダスキンの定期そうじサービス  ダスキンでは、お見積もりの前にお客様のお気持ち、お…

ページ上部へ戻る