増田 惟茂:知的作用と感情と

2019-08-06公開  入力:岩澤秀紀, 校正:フクポー  (5k/10k)  “知的作用について吾々は二つの方面を區別する事が出來る。一つは働き、又は機能であつて、他は意識内容である。見る、聞く等の樣な知覺の働は前者であり、色、形、音等感覺とか知覺表象とか云はれるものは後者である。想起、想像、思考等は前者であり、記憶像、想像に浮べるもの即ち想像表象、概念等は後者である。 其内前者即ち心的働きの方は無視される傾がある。私はこれを心的働きの自己無視の傾向と呼んで居る。吾々が知覺する...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 定額制ストックフォトならImasia (イメージア)  高品質な写真素材・イラスト素材が1枚39円…
  2. メガホーム社製・蒸留水器<メガキャット>  おいしいお水なら蒸留水! ほんのり甘くのどごしが大変良…
  3. 高級ブランド腕時計- 売るのも、買うのも。 まじめなとけいや かめ吉 世界のブランド40種以上…
  4. 「返金保証」と「年中無休サポート」で安心のお取引・チケットストリート  チケットの「譲ってください…
  5. 今日はバレン&#…

ページ上部へ戻る