「辣韭」というこの漢字をご覧になったことがおありでしょうか。漢字を見たことがなくても、そのもの自体を知らないと ..." />

「辣韭」←知っているのに読めない野菜の難読漢字4選!

「辣韭」というこの漢字をご覧になったことがおありでしょうか。漢字を見たことがなくても、そのもの自体を知らないという方は殆どいらっしゃらないのではないでしょうか。今回は、その名前を知っている、あるいは実物を見たことがあるのに、そのもののを漢字で示されるとなかなか読むことができないという難読漢字を4個出題してみました。その1個目が「辣韭」です。さて何と読むのでしょうか。

「辣韭」の読み方は...。

「辣韭」と書かれたこの漢字は「らっきょう」と読みます。

「辣韭」は中国が原産とされるネギ科の植物で主にふくらんだ鱗茎部分を食用とします。カレーライスを注文すると、辣韭や福神漬けが一緒に出されることがあります。

2個目の漢字です。

2個目の漢字は「大蒜」です。この漢字はどのように読むと思いますか。

「大蒜」の読み方は...。

「大蒜」と書かれたこの漢字は「にんにく」と読みます。

「大蒜」はネギ属の多年草で、香辛料として色々な料理に使われています。臭いがきつく、料理の種類によっては翌日まで臭いが残ったりします。「大蒜」という漢字は「おおびる」と読むこともあるそうですが、一般的には「にんにく」と読みます。「おおびる」は「にんにく」の古名だそうです。

3個目の漢字です。

3個目の漢字は「木耳」です。この漢字はどのように読むと思いますか。「木」と「耳」が組み合わされていますが、想像できますか。

「木耳」の読み方は...。

「木耳」と書かれたこの漢字は「きくらげ」と読みます。

「木耳」はキクラゲ属のキノコで、無味無臭です。中華料理などに使われています。

最後の漢字です。

最後の漢字は「糸瓜」です。この漢字はどのように読むと思いますか。素直に読むと「いとうり」ですが、ここでは別の読み方を答えて下さい。

「糸瓜」の読み方は...。

「糸瓜」と書かれたこの漢字は「へちま」と読みます。「糸瓜」はウリ科の蔓性の一年草で、茎から「糸瓜水(へちますい)」をとることができます。「糸瓜」のもともとの名前は「いとうり」といったそうですが、だんだんとよび方が変化して「へちま」になったそうです。

「そうめんかぼちゃ」のことを「いとうり」と呼ぶことがあるそうです。

「らっきょう」、「にんにく」、「きくらげ」などは、食べ物の会話をしているとよく出てくる言葉ではないでしょうか。しかし、会話をするときに漢字を思い浮かべている人は少ないのではないでしょうか。知っているものでも漢字になると読めないというものはまだまだたくさんあるかもしれませんね。

難読漢字の問題をみつけると、「どんな漢字が出題されているのかな?」なんて思って、ついつい引き込まれてしまいませんか。漢字の問題一覧 の中にもたくさんの問題があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 現存する日本最古の週刊誌の定期購読  週刊誌『週刊東洋経済』は、1895年(明治2…
  2.  国内最大級のストックフォトサイト【PIXTA】   …
  3. 中古ピアノの高額買取 Piano Wanted 「ピアノを売りたいのだけど、高く買い取ってく…
  4. ◆ 酵素はいつ摂取するのが一番だと思いますか? 実は朝なんです。酵素栄養学では、朝に摂取するこ…
  5. カプセル式 本格イタリアン エスプレッソマシン【italico】  Italicoとは、イタリ…

ページ上部へ戻る