新元号は!?「貞元」←過去の「難読元号」が読めたら愛国心の塊!

2019年4月1日午前11時30分、いよいよ平成に続く新元号が発表されるそうです。現在までに使われた元号の数は、645年の「大化」から数えると247個だそうです。元号の中には読みやすそうな漢字が使われているにも関わらず、正しい読み方は決して簡単ではないという元号もあります。今回は、難読と思われる元号を5個用意してみました。あなたはいくつ読むことができますか。

「貞元」という元号は、「じょうげん」と読みます。

この元号は、第64代天皇である円融天皇の時代(976年~978年)に使われていました。

2個目の元号です。

「正嘉」というこの元号は、何と読むでしょうか。

答えです。

「正嘉」という元号は「しょうか」と読みます。この元号は、第89代天皇である後深草天皇の時代(1257年~1259年)に使われていました。

3番目の元号です。

「元亨」というこの元号は、何と読むでしょうか。

答えです。

「元亨」という元号は「げんこう」と読みます。この元号は、第96代天皇である後醍醐天皇の時代(1321年~1324年)に使われていました。

4番目の元号です。

「長享」というこの元号は、何と読むでしょうか。

答えです。

「長享」という元号は「ちょうきょう」と読みます。この元号は、第103代天皇である後土御門天皇の時代(1487年~1489年)に使われていました。

5番目の元号です。これが最後の元号です。

「文亀」というこの元号は、何と読むでしょうか。

答えです。

「文亀」という元号は「ぶんき」と読みます。この元号は、第104代天皇である後柏原天皇の時代(1501年~1504年)に使われていました。

さて、4月1日に発表される248番目の元号は何でしょうか。世間では様々な新元号が予想されていますが、実際の新元号と予想が重なってしまった場合は別のものに差し替えるということですから予想は当たらないということになります。しかし、個人的に予想していて公表していないのであれば、その元号は新元号を正しく言い当てているかもしれませんね。

今回はこれ撫でに使われた元号の中で難読と思われるものを選んでみました。漢字の問題一覧 には、他にも色々な漢字の問題があります。

情報掲載元(日本経済新聞):https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42001570U9A300C1000000/

情報掲載元(京都通百科事典):http://www.京都通.jp/WorldWide/Chronology.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 【宝仙堂】すっぽんシジミAgeEX  すっぽんAgeEXは、体力・気力の変化を感じる40代以上…
  2. 東京に誕生した高級注文住宅の新しいブランドの展示場来店を募集  ヴィンテージクラフトは、世界三…
  3. 母の滴【プラセンタドリンク】 ◆ 30代~60代の女性の方へ  しみ・しわ・たるみなどエイジ…
  4.  国内最大級のストックフォトサイト【PIXTA】   …
  5. トータルマネジメントが行える【ハイスペック】専用レンタルサーバー  レンタルサーバー、専用サーバー…

ページ上部へ戻る