ついにターミネーター2の常温で液体金属が完成する!T-1000間もなく登場か。

ターミネーターといえば近未来の現実的にありえそうなロボットが登場し、我々人間との戦いを描いた、SF映画でありますが、そんな近未来だからこそ、そろそろ実現してもいいんじゃないかというものも数多くありその中でかなり人気の高いのが、こちらの「T-1000」です。彼の能力は液体のような金属、いわゆる液体金属です。

T-1000とは

T-1000とは、映画ターミネーター2に登場する、アンドロイドで、2029年にスカイネットによって開発されたターミネータとされております。つまりあと現実世界では10年以内に開発・製造が完了していなければなりません。

彼の能力は、液体金属のボディを使い自由自在に相手をコピーもしくは体を変形させる能力。それでいてロボットとしての機能を有するわけで現在の技術ではまだまだ実現が難しい。

その中で最も難しいのが「液体金属」を液体である水の中だけでなく、外部に出して、かつ思いのままに、自由自在に変形できること。

まさにSFの世界ならではの技術ですが、なんと!そんな技術がどうやらついに完成したようです。

T-1000のような金属が完成する!

研究者によると、ガリウムや他の合金のような液体金属とニッケル、鉄などを補強すると、 T-1000のような、自由自在に変形可能な液体金属を作り出すことができるということです。

つまりこれを応用していけば将来、動的に再構成可能なT-1000のような自由自在に変形するロボットを作り出すことが可能だということです。

つまり、ターミネーターのような液体金属のロボットは更に現実的になりました。

とはいえまだまだ難しい問題が残っております。映画では完全に中身が人間のような思考能力を持ったAIが搭載されておりましたので、その人間ライクなAI技術と、その制御装置や記憶装置までも、この液体金属で作り出さなければならないという、かなりハードル高い難関が残っております。

それも全部5Gや6Gの技術でクラウド化させ、中身を受信装置だけにして、からっぽにすればよいのかもしれません。

その他にも細かい問題は山積みですので、T-1000を作るにはまだまだ道のりは長そうです。ということで、T-1000は2029年までに完成するのでしょうか。

掲載元
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-6831835/Scientists-develop-Terminator-style-liquid-metal-stretch.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 首都・阪神高速道路 新割引制度開始 ETCコーポレートカードで、さらにお得になりま…
  2. 大学受験参考書・赤本、予備校テキスト専門買取   学参プラザは、大学受験の参考書や問題集、赤本、…
  3. 中古ピアノの高額買取 Piano Wanted 「ピアノを売りたいのだけど、高く買い取ってく…
  4. 大切なあの方に良質な贈り物を[ギフト通販ミーム]  * ギ フ ト で 結 ぶ コ…
  5. 引越し、お部屋の整理、事務所移転の方、お手伝いをさせて頂きます。  家の中に眠っている古本やCD、…

ページ上部へ戻る