これはわかる!ドラえもん映画にありがちなことが話題に

ドラえもんといえば、誰もが知る国民的なアニメで2005年に大山のぶ代さんが声優を務める、旧ドラえもんが終了し、はや14年です。0歳児はもう中学生で、生まれたときから新しい水田わさびのドラえもんに慣れ親しんでおり、もはやこの声がドラえもんであると言っても過言ではないのかもしれません。そんな中ドラえもん映画でありがちなことが話題です。

ドラえもん映画といえば・・・

ドラえもん映画といえば、春休みに毎年恒例で公開される劇場版のドラえもんで、壮大なスケールのストーリーが子供から大人まで楽しめる内容となっております。今年は「のび太の月面探査記」というオリジナルストーリーの物語ですが2〜3年毎にリメイク作品を公開しております。

そうなると来年は40周年ということもあり、懐かしいあの作品がリメイクされるのではないかという声もあるわけですが、そんな中ドラえもんの映画でありがちなことが話題です。

もはや、ドラえもん映画でのび太の妄想・ジャイアンがいいやつ・しずかちゃんのシャワーシーンは鉄板でありがちというよりも、お約束として必須要素なのかもしれません。

ということでそんな流れを汲んだ「ドラえもん映画ありがち」を紹介します。

ドラえもん映画にありがちなこと

のび太の妄想から始まり「ドラえもーーん」と叫んでからオープニング
ジャイアンがいいやつ
スネ夫がピンチになる
しずかちゃんのしっかりサービス
何故かのび太のサービスもある
出木杉君失踪
「ぴっかりゴケ」とか大人も懐かしすぎる道具もたまに登場。
ピンチのときドラえもんが大慌てで道具を出す
空気砲大活躍
どこでもドア破壊
のび太のタケコプター電池切れ
どこでもドア・タイムマシン・タケコプター使えない縛り
たまにトラウマになりそうなシーン
ピンチのときのドラミチート
ピンチのときのタイムパトロール隊チート
黒幕は22世紀の犯罪者
見事な伏線回収
次回予告で予想合戦。

ということで今作の「のび太の月面探査記」の最後にはお約束の次回作のちら見予告が流れましたが、どうやらネットでは「のび太と竜の騎士」のリメイクが期待を込めて多いようです。

ぴっかりゴケはもしかしたらその伏線か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 「ジャニーズグッズ」を宅配買取のジャニヤード  担降りした、ジャニオタを卒業した、…
  2. 薬剤師向け無料職業紹介サービス ◆ サービス内容 薬剤師専門の派遣・人材紹介サービスです。 …
  3. 個人情報保護型クルマ査定サービス『査定バンク』 ◆ 個人情報を提示せずに車の査定をされたいすべての…
  4. 相談料0円・着手金0円・取り戻せなかったら費用0円 労働問題に強い5つの弁護士事務所が強力サポート…
  5.  大切な家族のために、快適な暮らしのために、セコムが24時間365日ご家庭の安全を見守ります。  …

ページ上部へ戻る