ドイツの「デブネズミ」マンホールにはまるも、救助隊総掛かりで救助され人気者に!

マンホールの蓋についている穴から抜け出そうとしたネズミは、少々メタボ気味だったのか体が穴にはまってしまい抜け出せなくなっていました。地元(ドイツ)の消防隊は通報を受け、ネズミを救出するために現場へと向かいました。facebookやyoutubeに投稿された救出の様子を見た人たちは、消防隊員の心のこもった救出作業の一部始終に賞賛の声を上げているようです。

救出の様子を投稿したのは、動物救護団体「Berufstierrettung Rhein Neckar」でした。

Berufstierrettung Rhein NeckarはTwitterでネズミが消防隊員の手によって救出されたことを報告をしました。Twitter上に写真や動画はなく、それらはfacebook上にあることを知らせています。

先ずは、youtebeで救助の様子をご覧ください。5分ほどの動画ですが、消防隊員の心のこもった救出の様子を見始めると、最後まで目を離せなくなってしまいます。救出後、ネズミはどうなってしまうのでしょうか。

「穴から救出した後、このネズミをどのようにするのだろう?」と気にしながら動画を見ていましたが、消防隊員はネズミをマンホールの穴から救出後、マンホールの中へと優しく戻してやりました。動物愛護とか動物救護が大切なことであることは誰もが理解していることですが、誰もが、どのような動物に対してもできているのかというと疑問が残ります。

身近なペットである犬や猫に対しては優しく接することができるとしても、マンホールの中を動き回るネズミにも同じような気持ちで接することはなかなかできないのではないでしょうか。そのようなことを自然にできる消防隊員に賞賛の声が上がるのは当然のことなのかもしれません。

マンホールの中に戻してもらったネズミはさぞかしほっとしたことでしょう。海外では、ネズミの印象を一気に覆すとんでもない映像が海外でバズる! というようなネズミもいたようです。

Berufstierrettung Rhein-NeckerのTwitter:https://twitter.com/tierrettung_rn/status/1099718611990663169

Berufstierrettung Rhein-NeckerのFacebook:https://www.facebook.com/190736554355194/posts/2068999616528869/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 整形外科医が35年にわたる臨床の中で開発した整形外科枕 ・ 枕が合わないと感じてい…
  2. 実践マーケティングセンター
    LINEスタンプのオーダーメイド! イラスト制作から販売までサポート ◆ 利用者…
  3. 誰でも簡単電子書籍作成・販売「パブー」プロ版  「パブー」は、誰でも簡単にブログのように電子書…
  4. 大阪市港区の合同会社実践マーケティングセンター(代表社員:村田努)
    CMSでサイト構築するなら【DB数・マルチドメイン無制限】 ● 50GBの大容量デ…
  5. ネットでDVDレンタル
    DVDレンタル・無料宅配サービス「TSUTAYA DISCAS」  入会日から30…

ページ上部へ戻る