知ってた速報!ツイッター消しても意味なかった!ツイートは暫く残る事が判明

ツイッターと言えば、最近はバイトテロや不適切な問題を可視化させる発信ツールとなっておりますが、最初に投稿した問題のあるユーザーが行いがちなのは、とりあえず「やばい投稿」を削除することです。そうすることで一見、その場は回避できたように見えますが、実はそうでもないのかもしれません。

ツイッターアカウントは30日間保管される

ヤバイ投稿をとりあえず削除、これで安心。と思いきやそういうわけではないようです。ツイッター公式によると以下の記載があります。

削除済みアカウントは削除から30日以内であれば、そのアカウントのユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードでtwitter.comにログインするか、またはTwitter for iOSやAndroidアプリから復活できます。アカウントの復活方法の詳細については、こちらをご覧ください。

引用:Twitter
https://help.twitter.com/ja/managing-your-account/trouble-reactivating-twitter-account

つまり、30日間はサーバー上に残っているわけです。

もしとんでもない投稿をしてしまい、それが何らかの捜査の目を免れるためだとするのであれば、全く無意味なのかもしれません。

ダイレクトメッセージは削除期間がわからない

更に下記サイトの情報によりますと、ダイレクトメッセージは数年間保存されている可能性があるということです。もちろんアカウントは既に削除されておりますので、利用者にはもはやどうしようもないわけです。

しかしアメリカのニュースメディア「TechCrunch」によると、むしろ「機能的なバグ」である可能性が高いということです。 この問題に関して、ツイッターの広報担当者はこの問題を調査中だと語ったということです。

ちなみにツイッターに関する耳を疑う事実が以前話題となりましたが、実際どうなのか。

ということで、もしツイッターで悪さをしようと考えている方。もしかしたら、それ削除したところで何の意味もないのかもしれません。

掲載元
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-6711069/Twitter-stores-users-direct-messages-years-theyve-deleted.html

画像掲載元:ぱくたそ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 安心・安全の九州産の野菜 "九州野菜王国"の野菜セット   ● 子供に美味しい、安心・安全な野…
  2.  月々756円(税込)からスマホが使える【mineo(マイネオ)スマホ】 ▼ mineoって本…
  3. 靴用脱臭除菌乾燥機リフレッシューズ   ・ 座敷席での飲み会 ・ 友人宅へのお出かけ ・ 玄…
  4. 大阪府の実践マーケティングセンター
    関西(大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫・和歌山)で家庭教師をお探しなら! ◆ 家庭教師のマイカレッジは…
  5. イワタニが提案するカセットボンベ式バーべキューコンロ  まだ季節的には早いですが、…

ページ上部へ戻る