イスタンブールで撮影された「そっちかい!」ってツッコミたくなる動画が全世界で話題に。

翔んで埼玉という映画が今話題だ。そして約40年前に大ヒットした「飛んでイスタンブール」。そのイスタンブールで撮影された動画が、今ネット上で話題になっている。登場人物は、二人。その二人が取った行動が、驚愕の展開へ。思わず突っ込んでしまう傑作。必死さは、時に笑いとなり、安らぎを与えてくれる

その驚愕の展開

 

ツイートに書かれている文字を、翻訳ソフトを使って見ると「私はいつも友達の知性に誇りを持っていた」という自動翻訳が出て来る。動画は、門を隔てて自分達がいる方とは逆の方向にある、財布のようなものを、棒を使って必死に自分達の方に引き寄せていた。しかし、その棒を反対側に落としてしまう。

すると、その友人らしき人物が、門をよじ登って、反対側に降りて、その棒を拾った。そして直ぐに友達の方に戻って棒を友達に渡した。「なんという友人愛。」しかし、よーく考えて見ると、疑問が残った。「そっちやないやん!財布の方を拾ってあげて」と。

Twitterの反応

自動翻訳 無駄8秒

自動翻訳 非常に賢い

自動翻訳 この時私は笑った

世界共通の笑い

この動画を見て思った。「笑いのツボは、世界共通なのかも?」と。もうバカスタグラム騒動は、こりごりだ。こんなほのぼのとした、ある意味シュールな笑いの方が安らぐ。バッカター騒動は、何も面白くない。あれを面白いと感じてやっているとしたら、どこか日本のシステムに欠陥がある。そこは、どこか?それを考えていくのと、ワールドワイドな視点で、物事を捉えられるように、日々鍛えていこう。

掲載元 @enezozenreal、写真AC

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. お得な動画ライフを満喫!【楽天ショウタイム】  クーポンやポイントバック企画など、…
  2. 人生の記念となる大切な日に使う印鑑のことなら《平安堂》 印材数日本一の取扱いだから、お客様の想い…
  3. 個人情報保護型クルマ査定サービス『査定バンク』 ◆ 個人情報を提示せずに車の査定をされたいすべての…
  4. ◆ 水回りのお悩み・トラブルは【水の救急サポートセンター】  水漏れ・排水溝の臭い・給湯器設置・ト…
  5. 関西エリアの薬剤師・薬学生の就職・転職なら【メディカルプラン】 ◆ メディカルプラ…

ページ上部へ戻る