小山 清:井伏鱒二によせて

2019-02-15公開  入力:kompass, 校正:酒井裕二  (7k/14k)  “井伏さんに「点滴」という文章がある。太宰治を追憶した文章である。それによると、太宰と井伏さんとは、水道栓から垂れる雫の割合のことで、無言の対立を意識していたようである。太宰は一分間に四十滴ぐらいの雫が垂れるのを理想としていたようで、そして井伏さんは一分間に十五滴ぐらい垂れるのを理想と見なし、いまでもそうだという。終戦前、二人が疎開していた甲府の宿屋の洗面所の水道栓から漏れる点滴の話である。太宰は手洗...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 株式会社松田クリーニング商会が運営する宅配クリーニング専門店  クリーニングラボ(クリラボ)は、顧…
  2. 週刊ダイヤモンド  書店売上No.1のビジネス週刊誌『週刊ダイヤモンド』(日本ABC協会調べ)を、…
  3. 不動産「共有持分」の専門家による無料相談 ◆ 相続や離婚により不動産の共有持分の権利を所有した方へ…
  4.  月々756円(税込)からスマホが使える【mineo(マイネオ)スマホ】 ▼ mineoって本…
  5. 広告代理店向け広告管理システム「アドエフェクティブ」 ◆ アドエフェクティブとは …

ページ上部へ戻る