衝撃映像!公官庁も騒然「掃除ロボット」人類に反逆を開始か!?

お掃除ロボットが、人類に反逆を開始か!?とネットが騒然となっている。一般的に普及して来たお掃除ロボットの衝撃的映像がネットで拡散中。それは、どんな映像なのか?人類は、便利という禁断の領域にロボットを利用し始めたことで、結果として、想像を絶するリスクを抱えることになった。

衝撃の映像は、こちら。

自動的に部屋の中を動き回ってごみを吸い取るロボット掃除機が、近くにある電気ストーブに接触して火災につながったとみられるケースが、東京都内で2件相次いでいたことが分かった。東京消防庁によると、去年12月、東京都内のマンションで電気ストーブがソファーに接触してソファーの一部が焼ける火事があった。

東京消防庁が原因を調べたところ、当時、部屋の中には人はおらずロボット掃除機が運転している状態で、掃除機が近くの電気ストーブに当たってストーブを50センチほど移動させ、ソファーに接触したことで火が出たとみられることが分かった。

再現実験を行ったところ、実際にロボット掃除機が電気ストーブを押すようにして移動させたり、電気ストーブのコードを巻き込んだりする様子が確認できた。同じようにロボット掃除機が原因で起きたとみられる火事は、今月に入っても1件確認されている。

これに関するTwitterの反応

ロボット掃除機ユーザーの反応

ロボット掃除機をよく使うという40代の女性は、「ロボット掃除機が電化製品のコードを巻き込んでしまい、ひやっとしたことがあります。火災につながることもあるかもしれないので気をつけたいです」と話した。また、先週ロボット掃除機を購入したばかりだという30代の女性は、「まだあまり使っていませんが、この時期は空気も乾燥していて火災も起きやすいので、使う時は気をつけたいです」と話した。

また、これから購入を考えているという40代の女性は、「映像を見るととても怖いです。自分も気をつけなければいけないと思いました」と話している。ロボット社会が、確実にやってきつつある今。今後は、予期せぬ事故の対策も必要になってくる。

こういった件からも、人間の注意力そして観察力がいかに大事かを思い知らされる。

参照 NHK生活・防災

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 誰でも簡単電子書籍作成・販売「パブー」プロ版  「パブー」は、誰でも簡単にブログのように電子書…
  2. 少人数制 ネイルスクール【シーズ】 資格もとれるネイルスクール「シーズ・インターナショナル・カレッ…
  3. 自分だけのオリジナルカレンダー作成応援サイト 『 カレンダー研究所 』   便利…
  4.  月々756円(税込)からスマホが使える【mineo(マイネオ)スマホ】 ▼ mineoって本…
  5. 様々な車両に載せ替え自由自在!簡単セキュリティキット
    しっかり警戒で車両のいたずら盗難対策 車種を選ばずバイクからキャンピングカー、トラックにも使用…

ページ上部へ戻る