夏目 漱石:京に着ける夕

2019-02-09公開  入力:岡村和彦, 校正:きりんの手紙  (6k/14k)  “汽車は流星の疾きに、二百里の春を貫いて、行くわれを七條のプラツトフオームの上に振り落す。余が踵の堅き叩きに薄寒く響いたとき、黒きものは、黒き咽喉から火の粉をぱつと吐いて、暗い國へ轟と去つた。 唯さへ京は淋しい所である。原に眞葛、川に加茂、山に比叡と愛宕と鞍馬、ことごとく昔の儘の原と川と山である。昔の儘の原と川と山の間にある、一條、二條、三條をつくして、九條に至つても十條に至つても、皆昔の儘である。數...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. カプセル式 本格イタリアン エスプレッソマシン【italico】  Italicoとは、イタリ…
  2. 重い楽器を運ばず、全国どこでも送るだけのラクラク買取。 買取で『後悔したくない』方は、楽器買取ネッ…
  3. スマホでフリーダイヤル運用 例えば、スマホで03発着信ができます。 クラウド…
  4. ティーバッティングマシーン「リターンティー」  少年野球チームのコーチが作る画期…
  5. 有機野菜など安心食材の定期宅配  ここの食材は、一味違って美味しいですよ。  身体にも優しくて美…

ページ上部へ戻る