2019-02-05公開  入力:入江幹夫, 校正:フクポー  (2k/4k)  “瀧は没落の象徴である。その没落がいかに荘厳であるかということについて説こう。 私は一日天城の峻嶺を越え、帰途、山麓の雑木林の中の細径に、しめやかな落葉のにおいを踏んで浄簾の瀧の前に立った。 冷々とした水煙を頬に感じながら、私は夕暮るる大気の中を白々といろどる瀧を眺めた。私の心は幾度びとなく瀧とともに没落した。すると、ある自暴自棄な感慨が私を圧えつけた。私は眼の前の瀧の色が、微妙な、しかも急激な速さで...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 朝塗れば、1日中、脇汗知らずな制汗ジェル、あると思いますか? ◆ ワキ汗が気にならなくなっ…
  2. アルファリゾート 株式会社アルファスタッフが運営するリゾートバイト専門の求人サイトです。 北…
  3. 住宅用 太陽光発電 【楽天ソーラー】 ◆ 楽天ソーラーの特長  おトクなポイント特典 購入金額の…
  4. LINEスタンプのオーダーメイド! イラスト制作から販売までサポート ◆ 利用者…
  5. 全世界でも6000本しか存在しない・・・  ワイン通の間で話題沸騰のドミニク・ヴェルサーチ赤スパー…

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る