2018-04-30公開  入力:入江幹夫, 校正:酒井裕二  (18k/65k)  “兼太郎は点滴の音に目をさました。そして油じみた坊主枕から半白の頭を擡げて不思議そうにちょっと耳を澄した。 枕元に一間の出窓がある。その雨戸の割目から日の光が磨硝子の障子に幾筋も細く糸のようにさし込んでいる。兼太郎は雨だれの響は雨が降っているのではない。昨日午後から、夜も深けるに従ってますます烈しくなった吹雪が夜明と共にいつかガラリと晴れたのだという事を知った。それと共にもうかれこれ午近くだろうと思っ...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 【募集】 中古車購入体験を教えてください☆ くるまのミカタは、中古車販売店での実体験に基づいた…
  2.  国内最大級のストックフォトサイト【PIXTA】   …
  3. ティーバッティングマシーン「リターンティー」  少年野球チームのコーチが作る画期…
  4. 人生の記念となる大切な日に使う印鑑のことなら《平安堂》 印材数日本一の取扱いだから、お客様の想い…
  5. ◆ 酵素はいつ摂取するのが一番だと思いますか? 実は朝なんです。酵素栄養学では、朝に摂取するこ…

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る