カルチャーショック

母と実家で暮らしていた時には

いろんなことを

無表情でやり過ごしてきました。

だけど、再び母と住み始めた私は

もうやり過ごせませんでした。

 

結婚して自分自身が

変化したのだと思いました。

 

夫は褒める人。

褒められることに慣れていない私は

素直に受け取れずにいましたが

夫との付き合いが長くなるにつれ

だんだん慣れていきました。

 

結婚して夫の実家に行ったら

カルチャーショックです。

夫の実家は褒め合う家族。

ぶっちゃけて言うと

「ちょっと見て!ねえ!どう?すごいやろ!」

自分を褒めることを要求する(笑)

家庭でした。

 

「初めて見たわ、こんな家あるんや(@_@;)」

表情には出さず驚いたのを憶えています。

 

母だけでなくウチの親戚が集まると

愚痴や嫌味、皮肉を聞くことが多く

プラスに感じられる

コミュニケーションがありませんでした。

その場にいると気分が悪くなります。

 

自分の実家や身内より居心地の良い夫の実家に

こどもを連れてよく帰っていました。

「実家に帰らせていただきます。」

と言っては、夫抜きで夫の両親と

積極的に交わるのは世間では珍しいようです。

 

このカルチャーショックもあり、

自分が認められる感覚や

居心地の良い感覚を知り、

また、夫と暮らす中で

心が傷ついた感覚や

怒りがわいてくる感覚など

自分の気持ちに意識を向けられるように

なってきていました。

 

自分の感覚を鈍らせて

心が感じないように

自分をごまかすことがもうできない

自分になっていたんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: わたしにあるもんで。

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 楽天モバイルは、つながりやすさ、スピードはドコモと同じ! ◆ ポイント ・ …
  2. Cloud n(クラウド・エヌ)  NTTコミュニケーションズが提供する、豊富なAPIを備えた拡張…
  3. キッズモデル・子役なら【キャストネット】  キャストネットは、赤ちゃんから15歳ま…
  4. マタニティウエディング専門式場探しサイト【ママ婚】 結婚式の4人に一人がおめでた婚といわれ、多…
  5. 実践マーケティングセンター
    LINEスタンプのオーダーメイド! イラスト制作から販売までサポート ◆ 利用者…

ページ上部へ戻る