2018-03-17公開  入力:mitocho, 校正:押井徳馬  (3k/5k)  “去年の梅雨には曇天が毎日續いた。重苦しい濕氣のなかで私は毎日ねつとりとした汗をかき、苦しんだ。思へば毎年その頃になつて筆の動いた試しがないが、この年の梅雨の日は或る日どこからか逃げてきたらしい鶯が庭の繁みのなかで鳴きはじめた。梢をのぞいても姿は見られなかつたが、聲だけは塀の周圍を鳴き續けてやまなかつた。これが毎日、同じ處で鳴き續け、同じ方向にいつも舞つてゐるのが感じられると、頭はその聲を中心に急に動...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 交通事故
    その事故車、廃車にするのはモッタイナイ! 事故車は売れる!  「中古車買取」と聞け…
  2. 実践マーケティングセンター
    LINEスタンプのオーダーメイド! イラスト制作から販売までサポート ◆ 利用者…
  3. 一眼レフカメラの買取なら【カメラデイズ】  実店舗を持たず店舗の運営コストがかからない分、高く買…
  4. 朝日と同等の光で気持ち良く起きる! 最新の光目覚まし時計OKIRO(オキロー) …
  5. 相談料0円・着手金0円・取り戻せなかったら費用0円 労働問題に強い5つの弁護士事務所が強力サポート…

ページ上部へ戻る