自分を責めていることに気がついた日

母へのわだかまり の続きです。

 

心の底に沈めていた気持ちが溢れ出し、

苦しくて苦しくてたまらなくなった私は、

近所の50代女性Yさんに話を聴いてもらいました。

 

Yさんが、

「お母さんが男の人を必要とした気持ち、今のあなたなら理解してあげられるでしょう。」

と言いました。

「そうなんです。」と私。

「オトナの私は、理解して許してるんです。

だけど、だけど、だけど・・・・・

自分の中のコドモの自分が怒っているんです。」

涙がつたって落ちます。

 

溢れ出す気持ちを話しながら、

不意に、別のことを思い出しました。

 

〜私は人として最低なことを言った〜

 

いつだったか、

どんな反応するかなとテストするような気持ちで、

「中卒のくせに。」

と、母に言ったことがあります。

 

〜これはもしかして、帳尻合わせ?〜

 

テストなんかじゃない。

不倫という行為で、私をないがしろにした母に対し

学歴を馬鹿にすることで

仕返ししようとしたのではないか。

 

私の言葉に、母は無言でした。

表情も変わらなかった気がします。

母が何を思ったのかわからないまま

時は流れていきました。

 

時の流れの中で抱え続けた

「ひどいことを言ってしまった。」

という自責と後悔の念が

涙とともに流れ出します。

 

すると、Yさんが

「いとうさんて、ものすご自分を責めてしまうんやな。」

と、ポツッと言いました。

 

その言葉で、初めて・・・

自分が自分を責めていることに気がつきました。

 

 

確かめたわけではありませんが

母は私の言葉を忘れていたかもしれません。

 

投げた言葉のナイフが刺さっていたのは

私だけだったかもしれません・・・・(@_@;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: わたしにあるもんで。

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 探してた資材が見つかる。ダンボール・包装資材店【In The Box】  創業19…
  2. ◆ 酵素はいつ摂取するのが一番だと思いますか? 実は朝なんです。酵素栄養学では、朝に摂取するこ…
  3. ダスキンの定期そうじサービス  ダスキンでは、お見積もりの前にお客様のお気持ち、お…
  4. 太陽光の色合いに近い特殊なLED電球を光源とするLEDデスクスタンド ◆ 新型LE…
  5. 免許合宿サイトにお申込みをされた方の情報がリアルタイムで公開 【1】 免許合宿サイ…

ページ上部へ戻る