2016-11-29公開  入力:sogo, 校正:まつもこ  (17k/51k)  “東京T・M株式会社員法学士湯河勝太郎が、十二月も押し詰まった或る日の夕暮の五時頃に、金杉橋の電車通りを新橋の方へぶらぶら散歩している時であった。 「もし、もし、失礼ですがあなたは湯河さんじゃございませんか」 ちょうど彼が橋を半分以上渡った時分に、こう云って後ろから声をかけた者があった。湯河は振り返った、―――すると其処に、彼には嘗て面識のない、しかし風采の立派な一人の紳士が慇懃に山高帽を取って礼をし...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 土地付き太陽光発電の物件検索サイト「タイナビ発電所」   ◆ 掲載企業、掲載区画の実績・最大 …
  2. 不要バイク、事故車、不動車の買取 バイク買取専門店バイクワン 「もう乗らないから、…
  3. ◆中小経営者の方や人事担当者の方に勤怠管理の時代は終了・・・。労務や就業規則の全てを管理できる「労務…
  4. 温泉・体験型カタログギフト(^^ゞ ◆ お世話になったあの人へ、いつも思ってくれる…
  5. 関西エリアの薬剤師・薬学生の就職・転職なら【メディカルプラン】 ◆ メディカルプラ…

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る