カテゴリー:青空文庫

  • 森川 義信:風

    2018-09-10公開  入力:坂本真一, 校正:フクポー  (1k/3k)  “意欲のやうに烈しく流れ 何をまた恐るのだらう 或る時は漂漂と過ぎるもの 季節の上を季節のやうに ※未完※  底本:「増補 森川義信詩集」国文社 1991(平成3)年1月10日初版発行 入力:坂本真一 校正:フクポー 2018年8月28日作成 青空文庫作成ファイル: このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作に…”…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 森川 義信:青き蜜柑

    2018-09-10公開  入力:坂本真一, 校正:フクポー  (1k/3k)  “愁ひ来て丘にのぼりて 酸の香る蜜柑もぐなり 悲しみの青き蜜柑を 栗林こえて見ゆるは 背きにし君の町なるぞ ゆふぐれに深く沈みて 掌にしみる青き蜜柑よ そをかみて何を思はむ 昔の日は皆空しきに ああされど君も寂しと この丘の青き蜜柑の その香りなぜか愛でたり 自らの影をふみつつ ゆふぐれの丘を下りき 掌に悲し青き蜜柑よ  底本:「増補 森川義信詩集」国文社 1991(平成3)年1月10日初版発行 初出…”…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 山本 周五郎:菊屋敷

    2018-09-09公開  入力:特定非営利活動法人はるかぜ, 校正:北川松生  (34k/89k)  “一 志保は庭へおりて菊を剪っていた。いつまでも狭霧の霽れぬ朝で、道をゆく馬の蹄の音は聞えながら、人も馬もおぼろにしか見えない。生垣のすぐ外がわを流れている小川のせせらぎも、どこか遠くから響いてくるように眠たげである、……露でしとどに手を濡らしながら、剪った花をそろえていると、お萱が近寄って来て呼びかけた。 「お嬢さま、もう八時でございます、お髪をおあげ致しましょう」 「おやもうそんな時刻なの」志…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ジェイコブス ウイリアム・ワイマーク:井戸

    2018-09-08公開  入力:sogo, 校正:The Creative CAT, 翻訳:森 郁夫  (12k/28k)  “※ 古い田舎の邸の撞球室で、二人の男が立ち話をしていた。気合の入らなかった玉突きは終って、二人はひらかれた窓ぎわに腰をおろし、窓の下からひろがっている庭園を眺めながら、けだるそうに話しあった。 「君ももう、いよいよだな、ジェム」とうとう、一人が言った。「今度は六週間あくびしながら蜜月をすごして、客を招いた男を――いや、女をというつもりだったが――さぞかし呪うだろうな」 ジ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 谷崎 潤一郎:泉先生と私

    2018-09-07公開  入力:砂場清隆, 校正:きゅうり  (4k/7k)  “私事にわたることを云ふのは寔に恐縮であるが、泉先生は文壇に於ける大先輩であるのみならず、此の春私の娘が結婚するときに媒酌の労を取つて下すつたので、さう云ふ私交上でも一方ならぬ御厄介になつた。式の当日、先生が奥さんとお二人で並んで椅子に腰かけてをられた紋服のお姿が、今の私には最も感銘の深い、忘れられない面影として記憶されてゐる。 聞けば先生は、あのお年だつたけれども、仲人をなさるのはあの時が初めてだつ…”…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 泉 鏡花:露萩

    2018-09-07公開  入力:門田裕志, 校正:砂場清隆  (20k/67k)  “「これは槙さん入らっしゃい。」 「今晩は――大した景気ですね。」 「お化に景気も妙ですが、おもいのほか人が集りましたよ。」 最近の事である。……今夜の怪談会の幹事の一人に、白尾と云うのが知己だから槙を別間に迎えながら、 「かねがね聞いております。何時も、この会を催しますのに、故とらしく、凄味、不気味の趣向をしますと、病人が出来たり、怪我があったりすると言います――また全くらしゅうございますからね。蒟…”…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大隈 重信:東洋学人を懐う

    2018-09-06公開  入力:フクポー, 校正:門田裕志  (6k/15k)  “新智識を要する時に旧思想の人 小野梓君は、我輩の最も大切な友人の一人であって、年齢よりいえば我輩の後輩であった。小野君は勇気勃々たる青年であって欧米の新智識を有し、我輩の如きも学問の上に於て君の教えを受けたことも尠なくなかった。当時政治の局に当りし人々は皆旧思想を有するもののみで、爾かもその企つるところの事業はことごとく皆新智識を要する事業のみであった。小野君はこの間にありて吾人に偉大なる助力を与え…”…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大隈 重信:外交の方針

    2018-09-06公開  入力:フクポー, 校正:門田裕志  (5k/12k)  “諸君、今日私はこの神聖なる衆議院に向って口を開きますことは初めてであります。諸君と此処に御会い申して私の説を述べることは、甚だ私の光栄とするところであります。先日予算委員会に於て、色々外務省の費用について質問が起りまして、その時に外交の方針を聴きたいということでありましたが、この外交の方針というものは、直接に予算に関係しない、ただ間接に予算に関係するものでありますから、これはいずれ本会に於て述べよう…”…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小宮 豊隆:吉右衛門の第一印象

    2018-09-05公開  入力:大久保ゆう, 校正:noriko saito  (5k/11k)  “吉右衛門に初めて会つた時の印象を書いてくれといふ注文を受けたのであるが、その後引き続いてずつと会つてゐるせゐか、今私の頭の中にある「吉右衛門」の内のどの部分が第一印象の「吉右衛門」で、どの部分がその後の印象の「吉右衛門」であるか、どうも判然と区別をつける事が出来ない。古い日記のやうなものを引張り出して、あれこれ探して見たけれども、会つた日と、会つた時の連れの名前と、その他会ひに行く迄の段取のあらま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小川 未明:新しい町

    2018-09-04公開  入力:特定非営利活動法人はるかぜ, 校正:酒井裕二  (5k/23k)  “もくら、もくらと、白い雲が、大空に頭をならべる季節となりました。遠くつづく道も、りょうがわの町も、まぶしい日の光をあびています。戦争のためやけたあとにも、新しいバラックができ、いつしか昔のようなにぎやかさをとりかえし、この先発展をにおわせて、なんとなく、わかわかしい希望を感ずるのでありました。 道ばたの露店は、たいてい戦災者か、復員した人たちの、生活をいとなむのでありました。勇吉は、おかあさんと、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 新規開設や事務所移転に伴うインターネット回線の増設・通信コストの見直し

  2. 最短2週間からの脂肪燃焼スタジオ

  3. 個人自由クルーズ旅行

  4. 【UCOM光spaaqs】月額最安値の光インターネット

  5. ◆関西で家庭教師をお探しなら◆家庭教師のマイカレッジ

  6. 高濃度プラセンタ!新しい毎日のキレイ習慣

新規PRユーザーの登録はコチラ既にPRユーザーの方のログインはコチラ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る