カテゴリー:ゆかしメディア

  • 2017年、原油価格は一体いくらになる?

    JALとANAの国内大手航空会社2社が昨年、燃油サーチャージを発表した。2月以降、数千円程度の燃油料金が航空券代に追加される。 昨年、OPEC(石油輸出国機構)が石油の減産を発表したことで、早くも今後の石油の品薄感が高まり、値上がりが始まったのか? 石油は今後、どんどん値上がりしていくのか? ゆかしメディア編集部は、その分野の第一人者に取材し、今年の石油価格に関する予想を固めた。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 築地マグロ初競り 史上2番目の7420万円

    東京都・築地の都中央卸売市場で初競りが行われ、大間産クロマグロの1匹あたりの最高値が7420万円(212キロ)で取り引きされた。2013年の1億5540万円(222キロ)に次ぐ過去2番目の価格となった。 落札者はその時と同じく「つきじ喜代村」で6年連続となる。価格はここ数年ライバルもおらず落ち着いていたが、今年は大きく値を上げた。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 好景気は東京五輪以降も? 建設業界見通しレポート

     クレディスイスが「Tokyo 2020 and Beyond」を発表した。建設業界の現状と今後の見通しについてのレポートだ。 「2020年までは好景気が続くが、その後は不景気まっしぐら」といった不安の声も多い建設業界だが、同社はどのような見解を示しているか解説する。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年、ヘッジファンドの帝王レイ・ダリオが吼える!

    2017年が始まった。大発会では4年ぶりの上昇、終値は前年末比479円79銭高の1万9594円16銭で1年1カ月ぶりの高値と、景気のよいスタートを切った日経平均。 ヘッジファンドではどのような動きがあるか。さっそく年末年始にかけて、早くもその動きに注目が集まっている人物がいる。 ヘッジファンド界の帝王、「ブリッジウォーター・アソシエーツ」のレイ・ダリオ氏だ。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ファンドラップサービス、リターン率ランキング

    投資に関する形が時代により変化するなかで、ここ数年、契約件数を増やしているのが、ファンドラップと呼ばれる投資商品だ。「ラップ(包む)」という名前の通り、金融機関に運用に関わる手間などあらゆることを任せるもので、投資家それぞれの目的やリスク許容度に合った運用が可能になるという。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ファンドラップサービス、リターン率ランキング

    投資に関する形が時代により変化するなかで、ここ数年、契約件数を増やしているのが、ファンドラップと呼ばれる投資商品だ。「ラップ(包む)」という名前の通り、金融機関に運用に関わる手間などあらゆることを任せるもので、投資家それぞれの目的やリスク許容度に合った運用が可能になるという。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年ヘッジファンド総括と2017年の展望

    2016年、ヘッジファンドで運用している投資家は、気が気ではなかったのではないだろうか。 年間を通して聞いたのは、いかに運用に失敗しリターンはマイナスになっているかという報道がほとんどで、ヘッジファンドの解約が相次いでどんどん資金が引き上げられている、ヘッジファンドマネジャー自身も自分の能力を信じられなくなっているといった、ネガティブなものばかりだったという人も多い。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 経営者が年末年始に考えたい“会社のノリ”問題

    「会社のノリ」は実は根深い問題であり、経営者が真剣に考えたいことだ。 会社には「社風」がある。社風はいつの間にかできあがっているもの、と思われているが、実は社風をつくり上げる大きな要素がある。それが「ノリ」だ。「ノリがいい」「ノリが悪い」といわれるそれだ。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ガムはNG 報道されない本当は歯を悪くする習慣

    歯によいとされること、悪いとされることは時代により異なる。医学が進歩した結果、最新の研究結果が明らかにした事実もあるからだ。 また、本当は歯によくないことでも、メディアの広告主にとって都合の悪い内容なために報道されないこともある。 ゆかしメディアでは、複数の歯科医師に取材し、彼ら彼女らから「匿名を条件に」歯によい習慣、悪い習慣を聞いた。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017年世界、日本の政治、経済はこう動く

    2016年は非常に大きな変化が起こった年となった。イギリスのEU離脱に、アメリカの大統領選挙など、大方の予想を裏切る結果が次々に起きた。 来年はイギリスのEU離脱交渉が進んだほか、トランプ大統領が正式に誕生する。 2017年はどのような年になるかを、経済評論家の加谷珪一氏に予測していただいた。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ページ上部へ戻る