カテゴリー:ゆかしメディア

  • アジア最大級のマクロ・ヘッジファンド2019年は最高のスタート

    アジア最大級のクオンツ系マクロファンド、クオンテッジグローバルファンドが2019年は1-3月で27%プラスと最高のスタートダッシュを決めたようだ。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘッジファンドアワード2019にノミネートした運用会社とは

     2018年は世界的に株式、コモディティ、通貨供に厳しい1年ではあり、それは多くのヘッジファンドにも同様の厳しい成績へと導いた。  しかしブリッジウォーターの旗艦ファンド、ピュア・アルファ・ストラテジーの2018年の実績は+14.6%を筆頭に、大手の運用会社は順調な成績を維持していた。ブリッジウォーターは機関投資家向けのヘッジファンド・マネージャー・オブ・ザ・イヤーにノミネートしている。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 機関投資家が注目する森林ファンドとは何か

     森林ファンドは実物投資にあるインフレヘッジ効果も期待できるため、インフレに慣れている米国の年金基金や大学の基金などが1980年代から積極的に投資しているファンドである。他の実物資産に比べると再生可能性も高く管理もしやすいことから比較的昔からなじみのある投資手法である。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プライベートバンクが勧める資産運用とは~債券編~

    資産運用業界において一つのブランドがある。それがプライベートバンクだ。プライベートバンクには様々な機能があるが、その中でも多くの人が興味があるのが一体どのような運用をしているのだろうか、ということだろう。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 仮想通貨で10億円キャッシュバック、アマゾン・アップルでの買い物で

    購入金額の20%を仮想通貨(暗号資産)でキャッシュバックするサービスがローンチ。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 苦境のレオパレス株式を買い進めるヘッジファンド

    建築基準法違反を指摘され、下落の一途をたどるレオパレス。その株式を買い進めるヘッジファンドとは?
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヘッジファンドのリターンの源泉 オルタナティブβとは

    近年ヘッジファンドのリターンの源泉には、ファンドマネージャーの運用能力以外に、その戦略そのものが持つ、特有の市場要因のリターン(β)、つまりオルタナティブβがあるのではないかといわれている。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • レイダリオ率いるブリッジウォーター、2018年は+14.6%

    同社旗艦ファンドのピュアアルファは多くのヘッジファンドが苦戦する中、堅実なリターンを記録した。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2018年世界最高峰のヘッジファンドとは

    カナダのトロントに拠点を置くオルタナティブ投資会社のSpartan Fund Managementが運営するクオンツ系の株式ロングショート戦略ファンドであるLSQファンドが昨年99.89%を上げたことが分かった。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2018年19%リターンのグラディエーターファンド

    昨年、多くのヘッジファンドが厳しい成績を迎えた中、スウェーデンの株式ロングショートファンドであるGladiator Fondは19.67%という好成績を達成した。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ページ上部へ戻る