平光 吾一:戦争医学の汚辱にふれて ――生体解剖事件始末記――

2019-05-17公開  入力:sogo, 校正:The Creative CAT  (14k/29k)  “運命の電話 古傷を抉られる――という言葉がある。恰も「文学界」誌上に発表された遠藤周作氏の『海と毒薬』という小説を読んだ時、私は全く自分等の古い傷痕を抉られたような心境だった。 というのは、この小説が戦争犯罪人というレッテルと、重労働二十五年という刑罰を私に下した、所謂九大生体解剖事件(実際は相川事件という)を刻明に描写していたからである。 人間を生きたまま解剖する――平和な今日では想像も出来ぬよう...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 日本初!家庭用真空調理キット「真空マジック」 プロの調理法「真空低温調理」を簡単に、ご家庭でも…
  2. 【住宅ローン診断士認定講習】  住宅ローンコンサルティングビジネスを行うことができるだけでなく…
  3. LINEスタンプのオーダーメイド! イラスト制作から販売までサポート ◆ 利用者…
  4. 太陽光の色合いに近い特殊なLED電球を光源とするLEDデスクスタンド ◆ 新型LE…
  5. ソニーグループ運営の医師求人 転職支援【エムスリーキャリア】  親会社運営の医療…

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る