2019-04-08公開  入力:阿和泉拓, 校正:酒井裕二  (187k/541k)  “駕籠を襲う者 一 天明五年十一月、三日の夜の深更であった。宵の間にかくれた月の後、空には星ばかりが繁くまばたき、冬の寒さをいや増しに思わせ、遠くで吠え立てる家護りの犬の、声さえ顫えて聞こえなされた。 大江戸の町々は寝静まり、掛け行燈には火影さえなく、夜を警しめる番太郎の、拍子木の音ばかりが寂寥の度を、で、さらに加えていた。 まして隅田の堤あたりは、動くものといえば風に吹かれる、葉の散りつくした桜の木...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 誰でも簡単電子書籍作成・販売「パブー」プロ版  「パブー」は、誰でも簡単にブログのように電子書…
  2. 楽天モバイルは、つながりやすさ、スピードはドコモと同じ! ◆ ポイント ・ …
  3. 二酸化酸素を吸収する専用サーバー「美ら海レンタルサーバー」 CO2削減できるカーボンフリーの専用サ…
  4. プロジェクターランプを日本でお探しならMPLAMPS.CO.JP  MPLAMPS…
  5. 【絶対節税の裏技77】 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています。 …

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る