2019-04-07公開  入力:門田裕志, 校正:坂本真一  (5k/15k)  “何の時代からであるか、信濃の国の或る山中に、一つの湖水がある。名を琵琶池といって神代ながらの青々とした水は声なく静かに神秘の色をたたえて、木影は水面の暗きまでに繁りに繁り合うている。人も稀にしか行かない処で、春、夏、秋、冬、鳥の啼声と、白雲の悠々と流れ行く姿を見るばかり。 偶々道に迷うて、旅人のこの辺まで踏み込んで、この物怖しの池の畔に来て見ると、こは不思議なことに年若い女が悄然と佇んで、自分の姿を...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 温泉・体験型カタログギフト(^^ゞ ◆ お世話になったあの人へ、いつも思ってくれる…
  2. 鍵のお悩み・トラブル解決は、信頼と安心の【鍵の救急サポートセンター】 ◆ 鍵のお悩…
  3. なぜ、手話を全く習ったことが無かったド素人が 1ヶ月後に自然に手話をできるようになったのか・・・?…
  4. 【セイコーメディカルブレーン】 ◆ セイコーメディカルブレーンで薬剤師として働きませんか?  原…
  5.  今、彼から&#…

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る