ついに「光」の撮影に成功!毎秒10兆フレームの超ハイスピードカメラの映像がニュルい!

光の速度というものは毎秒30万キロメートルというもので、単純に1秒間のシーンを撮影するだけで、地球を7週半してしまうほどのスピードであり、撮影することは不可能です。しかし超ハイスピードカメラで光を撮影すれば、もしかしたら撮影することができるのかもしれません。ということでこちらはとんでもないハイスピードカメラで撮影したものです。

超ハイスピードカメラの撮影

一般的にハイスピードカメラとは1秒間に30フレームを超える撮影が可能なカメラのことを言うようですが、そのコマ数は高くなればなるほど動きが早いものを撮影することができるわけです。逆にコマ数が低いものは、ボケてしまってなんだかわからないので、野球の球などは普通に撮影すればただブレたボケ映像になってしまいます。

こちらのハイスピードカメラであれば、野球の球よりはるかに速い「銃弾」でさえも、まるでマトリックスの映像のように綺麗に、そして鮮やかに粉砕。

ということで前置きはこれぐらいにして、こちらは毎秒10兆フレームの撮影が可能なカメラで、光を捉えるとどうなるかというものです。

こちらはペットボトルの中を移動する光の様子を超ハイスピードカメラで撮影したものです。なんとこの世で最も速いとされる「レーザービーム」の粒子が空間をまるでうごめく物体のように移動している様子が映し出されている。それもそのはず、この我々の世界で言う1秒の間に、撮影したコマ数は10兆。とんでもないスペックのハイスピードカメラであるのです。

分かりやすく言えば、1秒の間に、カメラのシャッターを10兆回押すのと同じ。高橋名人とかそういうレベルじゃない。神の領域です。

この映像はカリフォルニア 工科大学(CalTech)の研究者によって作成されたようで、昨年10月から毎秒1000億フレームから開始したそうで、光は弾丸の100万倍も速く動いているとのこと。

先に見せた弾丸の更に100万倍の速度を捉えなければならないというとんでもないスケールです。今回の全体のプロセスにかかった秒数は、約50ピコ秒だということで、1 ピコ秒 = 0.000 000 000 001 秒です。

そんなハイスピードカメラ、今度は火事などで発生するバックドラフトを捉えております。

なにゆえ驚くべきことは、たった1秒の間に10兆というシーンが存在するという「事実」です。10兆のシーンがあれば、とんでもない長編アニメができそう。

こちらのNHKが作った狂気の沙汰レベルの映像は、逆にコマ送りにしたNHKが作ったモーションアニメですがこれはこれで面白い。

実際の現実のコマ数は10兆どころではない無限大ということになりますが、それを考えると、脳の理解が追いつかず、ノイローゼになりそうですね。

掲載元
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-6862367/Mesmerizing-video-captures-speed-light-looks-like-10-TRILLION-frames-second.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 秒刊SUNDAY

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 引越し、お部屋の整理、事務所移転の方、お手伝いをさせて頂きます。  家の中に眠っている古本やCD、…
  2. 「返金保証」と「年中無休サポート」で安心のお取引・チケットストリート  チケットの「譲ってください…
  3. 最低価格保証の墓石店「石屋千鳥」全国ネット 世の中の墓石は、高すぎます。  知らないと損をする、…
  4. 定額制フルカラー印刷機レンタルサービス【スリホ】 印刷する時にプリントミスが気になって中々印刷でき…
  5. ネットから注文できるクリーニングの宅配サービス<リナビス> 自宅に居ながらクリーニングが利用…

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る