2018-12-01公開  入力:門田裕志, 校正:木下聡  (3k/6k)  “大聖寺の臣後藤才次郎なるもの徳川の万治年間、九州有田の製陶秘奥を探り、帰来所謂古九谷焼が創まる。あるいは中国に渡って古赤絵付けの法を得た。こんないきさつを無上に詮議だてして興がっている人もあるが、吾人の如きは、そんなことはどうだっていいじゃないかという方の組で、そんな閑には直ちにモノを直視する。実体そのものの価値を観てそれに感じ入る。また、それに具わった美に心を打たれて心身を浄める等々、これらの事柄...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. あの名店の美食をそのままお届け~東京カレンダーショッピング~ あの名店の美食をそのままお届け!…
  2. 大塚商会のPCリモートバックアップサービス  大切なデータは遠隔地のデータセンターへ保存が安心…
  3.  2014年12月20日発売の雑誌「CDジャーナル」にjazzmanの視聴記事が掲載されています。 …
  4.  北海道の自然を知る ネイチャーグラフィックマガジン・ファウラ(faura)    豊かな自然…
  5. キャラクターから届く手紙「キャラレター」 ◆ 思い出に残るサプライズ・プレゼント …

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る