兄弟のようで、よく似ており共に優しい子達です。





※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)
f0078320_0111150.jpg
f0078320_0112548.jpg
f0078320_0113753.jpg
f0078320_0115140.jpg
f0078320_0151250.jpg
f0078320_012887.jpg
*足を持っても大丈夫です。

コメントのみ転用
こちらの子の方が少しお兄ちゃんだと思われます。
収容室にいた時から、お兄ちゃんの方が
人を怖がる様子が少なく、おやつも手から食べることができていました。
現在も手から普通に食べることができますが、
部屋の隅で伏せていて、そこから動くことはありませんでした。



左耳が欠損しているところを見ると、
自分が生き抜いていくために、多少の喧嘩もしたものと
思われますが、何もなければこの子から仕掛けるようなことは
ないように思えます。
頭を撫でても身体を撫でても全く抵抗することもなく
ましてや震えることもありませんので、人を怖がっている様子は
全くありません。

同室の弟くんと仲良くしているようですので、
穏やかな子とはうまくやっていける子なのではないかと思います。
以前は弟くんよりも積極的におやつももらいに来ていたのに
今日は大人しく伏せたままで少し元気がないように思えて
少し心配になりました。

元々の性格が穏やかなのだとは思いますが
まだまだ若い子なのに半ば諦めかけてしまっているのかと思うくらい

大人しくしていて見ていてかわいそうになります。









※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ

f0078320_017362.jpg
f0078320_0174948.jpg
f0078320_018716.jpg
f0078320_018239.jpg
f0078320_0185969.jpg
f0078320_0191454.jpg
コメントのみ転用
こちらが↑の子の弟くんになるのでしょうか。
以前にも紹介したように、こちらの子の方が慎重で
少しビビリくんでもあったのですが、
今日はいつもよりも弟くんの方が積極的に
おやつをもらいに来たりして、動きが見られました。
お兄ちゃん同様、手からおやつも優しく上手に食べることができます。

どこを触っても抵抗することも震えることもなく
収容室にいた頃よりも大分落ち着いてきたように思えます。
これもお兄ちゃんと一緒にいられる安心感なのかもしれません。
慎重だったこの子の方が大分積極的になってきたのは
とても嬉しいことです。
ただ、お兄ちゃんと離れてしまったらまた元のように
慎重になってしまうかもしれないという不安もあります。
とても仲の良い穏やかな兄弟ですので、
体格も大きいので難しいかもしれませんが、2頭一緒のお宅で
この先も暮らしていけたらどんなにいいだろうかと
少し思ってしまいました。

それでも大分落ち着いてきていますので
1頭だけでも十分人との生活に馴れていくことはできると思います。
身体は大きくても心は優しく落ち着きのあるこの兄弟にも
是非目を向けていただきたいと思います。







<1-2> 3頭
f0078320_0265099.jpg





※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 3-5歳 1歳前後 10キロぐらい
f0078320_0274721.jpg
f0078320_02838.jpg
f0078320_0281881.jpg
f0078320_0283566.jpg
f0078320_0285584.jpgコメントのみ転用
年齢のわりには落ち着きがあり、
人馴れ問題なしとはいきませんが、人を怖がっている様子はありません。
とても控えめな子で部屋の隅で大人しくしています。
頭を撫でても身体を撫でても嫌がる様子もなく、
人の手を受け入れることが出来る子です。
目の周りにしっかりと黒いアイラインのように毛が生えているので
少しきつい印象になってしまうのかもしれませんが
身体も小ぶりで飼い易そうな子だと思われます。

とても綺麗な顔立ちをしていて目を惹く子です。
こちらの動きもしっかりと見ていますので
人間と一緒に暮らしていくことで、もっといろいろなことを学習し
人馴れも進んでいくことと思われます。
ここに長くいても人馴れが進むことは難しいです。
一日も早く家庭に入って、人との生活に慣れさせてあげたいと
思わずにはいられません








※3/28よりレポート登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ
f0078320_0331222.jpg
f0078320_0333393.jpg
f0078320_0334779.jpg
f0078320_034373.jpg
f0078320_034228.jpg
f0078320_0343697.jpg
f0078320_0344917.jpgコメントのみ転用
この部屋の中でも一番小柄な子ですが、
結構気が強いようで、自分がビビッて後退して茶色の子によりかかると
自分が動いてそうなったにも関わらず「なんだよっ!」と
ちょっと脅してみせるようなことがあったりしました。

上から手を出されるのが少し怖いようで
頭を撫でようとすると嫌がり、身体をよじって逃げようとします。
ゆっくりと身体を触ろうとしても少し恐怖感があるのか
身体を倒して拒否しようとしますが、撫でてしまえばなんとか我慢
していることはできます。
あまり人に撫でられたりした経験がないのかも知れません。
しかしながらおやつには興味津々で自ら近寄ってきます。
食いしん坊くんのようです。
おやつをあげるのを少しじらしていると、
「もっとちょうだいよ!!」と手をかけてきたりして
とてもかわいい仕草もする子です。
おやつが大好きなこの子とは、おやつを使って仲良くなることも
それほど時間はかからないように思います。

小柄なこの子は自分を身を守るために、
きっと大きな子とも対峙していたのでしょう。
左耳が欠損しているところを見ると過酷な放浪生活を
垣間見ることができます。
人は怖いものではないと思ってもらえるように
これからも優しく接してあげることがこの子にとって
大切なことなのだろうと思います。








※2016/4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▽茶 オス 2-3歳 13-4キロ

明らかに表情が変わったと感じました。
この日はオヤツも手から食べることもでき、凄い進歩に嬉しくなりました。
f0078320_0485640.jpg
f0078320_0405835.jpg
f0078320_0413078.jpg
f0078320_0415995.jpg
f0078320_0422636.jpg
f0078320_045411.jpg
f0078320_046237.jpg
以下コメント転用
今日もおとなしく、部屋の隅で固まっていました。
横たわっている姿勢によっては、この子のあばら骨がしっかりと見え
まだまだ痩せていることに気づかされます。
運動もしていませんので筋力も衰えていると思います。
まだ若く、たくさん運動をしてしっかりした体格になれば
見違えるほど立派な子に成長するのではないかと思います。

太ももの部分の冬毛が浮き出しているところを
ゆっくり抜いてあげても全く抵抗することもありませんし、
大人しくしていることが出来ました。
まだまだ若い子なので、もっと元気よく動き回る姿も
みてみたいと思います。
1年以上ここで生活していく中で、
いろいろな人が出入りしていても、人は怖いことをする人ものではない、
と学習してくれていると思います。
それでもここにいるだけでは人馴れは進みません。
人と一緒に生活していく中で、もっと自由に動き回り
人と一緒にお散歩したり遊んだりする姿を見てみたいと思います。

この部屋の撮影が終わった後でこっそりと部屋を覗いてみると
この子が水を飲んだりして、いつもの位置から動いている姿を
この日初めて目にしました。
どうか、この子にも暖かい手が差し伸べられますように。







<1-3> 2頭
f0078320_0522437.jpg







※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
f0078320_0555982.jpg
f0078320_056141.jpg
f0078320_0563099.jpg
f0078320_056476.jpg
f0078320_057180.jpg
f0078320_0571523.jpg
f0078320_0573246.jpg時間を掛けて、オヤツを置いてみたり口元に持って行ったりを繰り返していたら、
手から食べてくれました。
しかし、指先ので摘まんだのは食べられても、
手のひらに乗せたものを食べるのは難易度が高いようで、
最後まで考え見ているだけで食べられませんでした。
かなりのゆっくりペースではありますが、
それでも確実に変わって来たと感じました。

以下のコメントは以前のものを転用
部屋を開けると真っ先に外に出ようとするので
すぐにドアをしめてここに留まるように促しました。
人に飼われていたことのあるこの子が
人に触られようとすることを極端に嫌がるのは
飼われている時にもほとんど人と接した経験が
なかったからなのだと思います。

ただ犬を飼っている、というだけで
コミュニケーションを取らなければ当然ですが
人馴れは進みません。
犬それぞれの性格もあるでしょうが、
人は優しくて頼りになるものだと教えてあげなければいけません。
人に飼われていても人を信用できなかったこの子は
とても不憫だと思わずにはいられません。
それでも手からおやつを食べることができるようになり、
少しずつではありますが、心を開きつつあります。
ただ、身体を触られることはまだ怖いようで
下から手を出して、匂いを嗅がせるようにしていますが
その際には噛もうとする様子は見せません。

しかしながら、匂いを嗅ごうとする様子もまだ見られません。
おやつをあげる手が、身体を触ろうとする手と同じ手で
怖いことをするものではないと早く理解してもらいたいです。
ドアを開けるとやはりいつもの棚の下に潜り込んでいました。
そんなに逃げ回らなくても、人はあなたをいじめたりしないんだよ。








※12/20よりレポートに登場 (12/8収容)
▼メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満
f0078320_183572.jpg
f0078320_185528.jpg
f0078320_191125.jpg
f0078320_192737.jpg
f0078320_19487.jpg
f0078320_1101096.jpg
コメントのみ転用
この日は部屋に入ってすぐにドアを閉めてしまったので
この子も外に逃げ出すことができず、
部屋の隅でずっと壁に鼻を押し付けて気配を消していました。

少し離れればこちらに顔を向けてくれるのですが、
近づくとまた壁にべったりと貼り付き、
息が出来ないのでは?と思うほど鼻を押し付けていました。
そういう状態の時に身体を触っても全く反応せず
これは人の手を受け入れているというよりも
この時間をなんとかやり過ごそうとじっとしているだけ、
というように見えました。



とても臆病な子ではありますが、
壁に張り付いている時に身体ごと動かそうとしてみても
お口が出るようなこともありませんので
人の暖かさを知ってくれれば案外心を開いてくれるのにも
時間がかからないのかもしれません。

ただ、人の暖かさを教えてあげるには
やはり家庭に入って人と生活していく中でしか
認識できるものではないと思います。
ゆっくりとこの子と向き合ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。









<1-4> 3頭



※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-14キロ

f0078320_1145286.jpg
f0078320_115795.jpg
f0078320_11524100.jpg
f0078320_1153925.jpgコメントのみ転用
人が近づけば逃げ回っていたこの子も
最近はおやつも欲しがり、おやつを持っていれば
近寄ってくることもできるようになりました。
おやつを持っていなくても手を出すと
匂いを嗅いでくれたりもしてくれます。

ここでの生活も1年を超えていますので
時間はかかりましたが、
少しは人を怖がらなくなってきたようです。
同室の子が何度も変わっていますが
どの子ともうまくやっていける子のようですので
他犬との相性も問題ないと思われます。
おやつはおいしそうにモグモグと食べるのですが
すぐに下に落としてしまったり、
噛んでいる途中でもぽろぽろと下にこぼしたりして
やはり少し歯が少ないのかな?と思ってしまいます。
ドアを開けて廊下に出ると生き生きとした表情を見せ、
自然と笑顔も多く見られます。
ふさふさの被毛に包まれた優しい笑顔のこの子にも
優しいご家族が見つかるように願ってやみません。







※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ

この子も人馴れがなかなか進みません。
小部屋に入ると逃げるか固まってしまいます。
攻撃する様子は、今まで一切ない子ですので、
捕まえてしまえば、一通りのことは出来ます。

この子に必要な時間が足りないのだと思います。
f0078320_1184326.jpg
f0078320_118587.jpg
f0078320_1191371.jpg
f0078320_1193950.jpg
f0078320_1195558.jpg
f0078320_1201213.jpg以下のコメントは転用
この日も近づくとまずは逃げ出そうと姿勢を低くして
おどおどと挙動不審になってしまいます。
身体を触ろうとしても素早い動きで逃げられてしまい、
なかなかゆっくりと撫でてあげることができません。
どこかの隅に追いこんで逃げられないようにすれば
どこを触ってもお口がでるようなこともなく、
ひたすら固まっています。

ゆっくりと抱き上げることもできる子なので
人と一緒に生活できる環境に
一日も早く置いてあげたいと願わずにはいられません。
手足が長く、とてもスタイルも良く目を惹く子です。
ここにいても人馴れは残念ながら望めません。
まだ手からおやつを食べるということも出来ません。

何がこの子をここまで頑なにしてしまったのかわかりませんが
なんとか人は怖くないものと、ゆっくりと教えてあげたいです。
人との接し方がわからないだけなのではないかと思います。
二度目の夏をここで過ごすことのないよう、
皆様からのお問い合わせを心からお待ちしています。










※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 10-11キロ

f0078320_1302671.jpg
f0078320_1304173.jpg
f0078320_1305674.jpg
f0078320_1311241.jpg
f0078320_1312748.jpg
f0078320_1313867.jpg
コメントのみ転用
収容室にいた時にはロープで外に誘導すると
出てきてプチパニックを起こしたりしていましたが
今日は自由に動き回れるからか、
それほどパニックになる様子はありませんでした。

ただ、やはり近づいていこうとすると逃げ回っていましたが、
ゆっくりと近づいて手を出すと
少し匂いを嗅ぐような仕草を見せてくれました。
同室のボーダーコリー風の子のことを慕っているようで
ずっとこの子について動いていました。
おやつはまだ手からは食べられませんが、
下に置いてあげれば、私たちが見ていても食べることができます。

まだまだ若いこの子も一日も早くここを卒業して
人との生活を味合わせてあげたいと思います。
思ったほど逃げ回ることもありませんので
人を怖いと思って逃げ回るようになってしまう前に
是非この子を迎えてあげて欲しいと思います。
若い子ですのできっと学習能力も高いと思います。
この子にいろいろな経験をさせてあげて欲しいです。




レポートは続きます。


" />

4/25センターレポート 旧子犬舎    10頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







<1-1> 2頭

f0078320_083549.jpg兄弟のようで、よく似ており共に優しい子達です。





※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)
f0078320_0111150.jpg
f0078320_0112548.jpg
f0078320_0113753.jpg
f0078320_0115140.jpg
f0078320_0151250.jpg
f0078320_012887.jpg
*足を持っても大丈夫です。

コメントのみ転用
こちらの子の方が少しお兄ちゃんだと思われます。
収容室にいた時から、お兄ちゃんの方が
人を怖がる様子が少なく、おやつも手から食べることができていました。
現在も手から普通に食べることができますが、
部屋の隅で伏せていて、そこから動くことはありませんでした。



左耳が欠損しているところを見ると、
自分が生き抜いていくために、多少の喧嘩もしたものと
思われますが、何もなければこの子から仕掛けるようなことは
ないように思えます。
頭を撫でても身体を撫でても全く抵抗することもなく
ましてや震えることもありませんので、人を怖がっている様子は
全くありません。

同室の弟くんと仲良くしているようですので、
穏やかな子とはうまくやっていける子なのではないかと思います。
以前は弟くんよりも積極的におやつももらいに来ていたのに
今日は大人しく伏せたままで少し元気がないように思えて
少し心配になりました。

元々の性格が穏やかなのだとは思いますが
まだまだ若い子なのに半ば諦めかけてしまっているのかと思うくらい

大人しくしていて見ていてかわいそうになります。









※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ

f0078320_017362.jpg
f0078320_0174948.jpg
f0078320_018716.jpg
f0078320_018239.jpg
f0078320_0185969.jpg
f0078320_0191454.jpg
コメントのみ転用
こちらが↑の子の弟くんになるのでしょうか。
以前にも紹介したように、こちらの子の方が慎重で
少しビビリくんでもあったのですが、
今日はいつもよりも弟くんの方が積極的に
おやつをもらいに来たりして、動きが見られました。
お兄ちゃん同様、手からおやつも優しく上手に食べることができます。

どこを触っても抵抗することも震えることもなく
収容室にいた頃よりも大分落ち着いてきたように思えます。
これもお兄ちゃんと一緒にいられる安心感なのかもしれません。
慎重だったこの子の方が大分積極的になってきたのは
とても嬉しいことです。
ただ、お兄ちゃんと離れてしまったらまた元のように
慎重になってしまうかもしれないという不安もあります。
とても仲の良い穏やかな兄弟ですので、
体格も大きいので難しいかもしれませんが、2頭一緒のお宅で
この先も暮らしていけたらどんなにいいだろうかと
少し思ってしまいました。

それでも大分落ち着いてきていますので
1頭だけでも十分人との生活に馴れていくことはできると思います。
身体は大きくても心は優しく落ち着きのあるこの兄弟にも
是非目を向けていただきたいと思います。







<1-2> 3頭
f0078320_0265099.jpg





※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 3-5歳 1歳前後 10キロぐらい
f0078320_0274721.jpg
f0078320_02838.jpg
f0078320_0281881.jpg
f0078320_0283566.jpg
f0078320_0285584.jpgコメントのみ転用
年齢のわりには落ち着きがあり、
人馴れ問題なしとはいきませんが、人を怖がっている様子はありません。
とても控えめな子で部屋の隅で大人しくしています。
頭を撫でても身体を撫でても嫌がる様子もなく、
人の手を受け入れることが出来る子です。
目の周りにしっかりと黒いアイラインのように毛が生えているので
少しきつい印象になってしまうのかもしれませんが
身体も小ぶりで飼い易そうな子だと思われます。

とても綺麗な顔立ちをしていて目を惹く子です。
こちらの動きもしっかりと見ていますので
人間と一緒に暮らしていくことで、もっといろいろなことを学習し
人馴れも進んでいくことと思われます。
ここに長くいても人馴れが進むことは難しいです。
一日も早く家庭に入って、人との生活に慣れさせてあげたいと
思わずにはいられません








※3/28よりレポート登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ
f0078320_0331222.jpg
f0078320_0333393.jpg
f0078320_0334779.jpg
f0078320_034373.jpg
f0078320_034228.jpg
f0078320_0343697.jpg
f0078320_0344917.jpgコメントのみ転用
この部屋の中でも一番小柄な子ですが、
結構気が強いようで、自分がビビッて後退して茶色の子によりかかると
自分が動いてそうなったにも関わらず「なんだよっ!」と
ちょっと脅してみせるようなことがあったりしました。

上から手を出されるのが少し怖いようで
頭を撫でようとすると嫌がり、身体をよじって逃げようとします。
ゆっくりと身体を触ろうとしても少し恐怖感があるのか
身体を倒して拒否しようとしますが、撫でてしまえばなんとか我慢
していることはできます。
あまり人に撫でられたりした経験がないのかも知れません。
しかしながらおやつには興味津々で自ら近寄ってきます。
食いしん坊くんのようです。
おやつをあげるのを少しじらしていると、
「もっとちょうだいよ!!」と手をかけてきたりして
とてもかわいい仕草もする子です。
おやつが大好きなこの子とは、おやつを使って仲良くなることも
それほど時間はかからないように思います。

小柄なこの子は自分を身を守るために、
きっと大きな子とも対峙していたのでしょう。
左耳が欠損しているところを見ると過酷な放浪生活を
垣間見ることができます。
人は怖いものではないと思ってもらえるように
これからも優しく接してあげることがこの子にとって
大切なことなのだろうと思います。








※2016/4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▽茶 オス 2-3歳 13-4キロ

明らかに表情が変わったと感じました。
この日はオヤツも手から食べることもでき、凄い進歩に嬉しくなりました。
f0078320_0485640.jpg
f0078320_0405835.jpg
f0078320_0413078.jpg
f0078320_0415995.jpg
f0078320_0422636.jpg
f0078320_045411.jpg
f0078320_046237.jpg
以下コメント転用
今日もおとなしく、部屋の隅で固まっていました。
横たわっている姿勢によっては、この子のあばら骨がしっかりと見え
まだまだ痩せていることに気づかされます。
運動もしていませんので筋力も衰えていると思います。
まだ若く、たくさん運動をしてしっかりした体格になれば
見違えるほど立派な子に成長するのではないかと思います。

太ももの部分の冬毛が浮き出しているところを
ゆっくり抜いてあげても全く抵抗することもありませんし、
大人しくしていることが出来ました。
まだまだ若い子なので、もっと元気よく動き回る姿も
みてみたいと思います。
1年以上ここで生活していく中で、
いろいろな人が出入りしていても、人は怖いことをする人ものではない、
と学習してくれていると思います。
それでもここにいるだけでは人馴れは進みません。
人と一緒に生活していく中で、もっと自由に動き回り
人と一緒にお散歩したり遊んだりする姿を見てみたいと思います。

この部屋の撮影が終わった後でこっそりと部屋を覗いてみると
この子が水を飲んだりして、いつもの位置から動いている姿を
この日初めて目にしました。
どうか、この子にも暖かい手が差し伸べられますように。







<1-3> 2頭
f0078320_0522437.jpg







※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
f0078320_0555982.jpg
f0078320_056141.jpg
f0078320_0563099.jpg
f0078320_056476.jpg
f0078320_057180.jpg
f0078320_0571523.jpg
f0078320_0573246.jpg時間を掛けて、オヤツを置いてみたり口元に持って行ったりを繰り返していたら、
手から食べてくれました。
しかし、指先ので摘まんだのは食べられても、
手のひらに乗せたものを食べるのは難易度が高いようで、
最後まで考え見ているだけで食べられませんでした。
かなりのゆっくりペースではありますが、
それでも確実に変わって来たと感じました。

以下のコメントは以前のものを転用
部屋を開けると真っ先に外に出ようとするので
すぐにドアをしめてここに留まるように促しました。
人に飼われていたことのあるこの子が
人に触られようとすることを極端に嫌がるのは
飼われている時にもほとんど人と接した経験が
なかったからなのだと思います。

ただ犬を飼っている、というだけで
コミュニケーションを取らなければ当然ですが
人馴れは進みません。
犬それぞれの性格もあるでしょうが、
人は優しくて頼りになるものだと教えてあげなければいけません。
人に飼われていても人を信用できなかったこの子は
とても不憫だと思わずにはいられません。
それでも手からおやつを食べることができるようになり、
少しずつではありますが、心を開きつつあります。
ただ、身体を触られることはまだ怖いようで
下から手を出して、匂いを嗅がせるようにしていますが
その際には噛もうとする様子は見せません。

しかしながら、匂いを嗅ごうとする様子もまだ見られません。
おやつをあげる手が、身体を触ろうとする手と同じ手で
怖いことをするものではないと早く理解してもらいたいです。
ドアを開けるとやはりいつもの棚の下に潜り込んでいました。
そんなに逃げ回らなくても、人はあなたをいじめたりしないんだよ。








※12/20よりレポートに登場 (12/8収容)
▼メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満
f0078320_183572.jpg
f0078320_185528.jpg
f0078320_191125.jpg
f0078320_192737.jpg
f0078320_19487.jpg
f0078320_1101096.jpg
コメントのみ転用
この日は部屋に入ってすぐにドアを閉めてしまったので
この子も外に逃げ出すことができず、
部屋の隅でずっと壁に鼻を押し付けて気配を消していました。

少し離れればこちらに顔を向けてくれるのですが、
近づくとまた壁にべったりと貼り付き、
息が出来ないのでは?と思うほど鼻を押し付けていました。
そういう状態の時に身体を触っても全く反応せず
これは人の手を受け入れているというよりも
この時間をなんとかやり過ごそうとじっとしているだけ、
というように見えました。



とても臆病な子ではありますが、
壁に張り付いている時に身体ごと動かそうとしてみても
お口が出るようなこともありませんので
人の暖かさを知ってくれれば案外心を開いてくれるのにも
時間がかからないのかもしれません。

ただ、人の暖かさを教えてあげるには
やはり家庭に入って人と生活していく中でしか
認識できるものではないと思います。
ゆっくりとこの子と向き合ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。









<1-4> 3頭



※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-14キロ

f0078320_1145286.jpg
f0078320_115795.jpg
f0078320_11524100.jpg
f0078320_1153925.jpgコメントのみ転用
人が近づけば逃げ回っていたこの子も
最近はおやつも欲しがり、おやつを持っていれば
近寄ってくることもできるようになりました。
おやつを持っていなくても手を出すと
匂いを嗅いでくれたりもしてくれます。

ここでの生活も1年を超えていますので
時間はかかりましたが、
少しは人を怖がらなくなってきたようです。
同室の子が何度も変わっていますが
どの子ともうまくやっていける子のようですので
他犬との相性も問題ないと思われます。
おやつはおいしそうにモグモグと食べるのですが
すぐに下に落としてしまったり、
噛んでいる途中でもぽろぽろと下にこぼしたりして
やはり少し歯が少ないのかな?と思ってしまいます。
ドアを開けて廊下に出ると生き生きとした表情を見せ、
自然と笑顔も多く見られます。
ふさふさの被毛に包まれた優しい笑顔のこの子にも
優しいご家族が見つかるように願ってやみません。







※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ

この子も人馴れがなかなか進みません。
小部屋に入ると逃げるか固まってしまいます。
攻撃する様子は、今まで一切ない子ですので、
捕まえてしまえば、一通りのことは出来ます。

この子に必要な時間が足りないのだと思います。
f0078320_1184326.jpg
f0078320_118587.jpg
f0078320_1191371.jpg
f0078320_1193950.jpg
f0078320_1195558.jpg
f0078320_1201213.jpg以下のコメントは転用
この日も近づくとまずは逃げ出そうと姿勢を低くして
おどおどと挙動不審になってしまいます。
身体を触ろうとしても素早い動きで逃げられてしまい、
なかなかゆっくりと撫でてあげることができません。
どこかの隅に追いこんで逃げられないようにすれば
どこを触ってもお口がでるようなこともなく、
ひたすら固まっています。

ゆっくりと抱き上げることもできる子なので
人と一緒に生活できる環境に
一日も早く置いてあげたいと願わずにはいられません。
手足が長く、とてもスタイルも良く目を惹く子です。
ここにいても人馴れは残念ながら望めません。
まだ手からおやつを食べるということも出来ません。

何がこの子をここまで頑なにしてしまったのかわかりませんが
なんとか人は怖くないものと、ゆっくりと教えてあげたいです。
人との接し方がわからないだけなのではないかと思います。
二度目の夏をここで過ごすことのないよう、
皆様からのお問い合わせを心からお待ちしています。










※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 10-11キロ

f0078320_1302671.jpg
f0078320_1304173.jpg
f0078320_1305674.jpg
f0078320_1311241.jpg
f0078320_1312748.jpg
f0078320_1313867.jpg
コメントのみ転用
収容室にいた時にはロープで外に誘導すると
出てきてプチパニックを起こしたりしていましたが
今日は自由に動き回れるからか、
それほどパニックになる様子はありませんでした。

ただ、やはり近づいていこうとすると逃げ回っていましたが、
ゆっくりと近づいて手を出すと
少し匂いを嗅ぐような仕草を見せてくれました。
同室のボーダーコリー風の子のことを慕っているようで
ずっとこの子について動いていました。
おやつはまだ手からは食べられませんが、
下に置いてあげれば、私たちが見ていても食べることができます。

まだまだ若いこの子も一日も早くここを卒業して
人との生活を味合わせてあげたいと思います。
思ったほど逃げ回ることもありませんので
人を怖いと思って逃げ回るようになってしまう前に
是非この子を迎えてあげて欲しいと思います。
若い子ですのできっと学習能力も高いと思います。
この子にいろいろな経験をさせてあげて欲しいです。




レポートは続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手(傾聴)・ほんわか倶楽部はコチラ

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: ペットファミリー

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

話し相手に聞いてほしい。悩み相談をしたい。

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 【住宅ローン診断士認定講習】  住宅ローンコンサルティングビジネスを行うことができるだけでなく…
  2. 厚生労働省認可の育毛剤・天然無添加育毛剤イクオス ◆ 特 徴 1.他社より長…
  3. カンタン 写メ査定【ブランド買取センターいちばん】 宅配買取・出張買取・店頭買取・写メ査定、い…
  4. 47万人が成功したストレスのない禁煙術 ☆ タバコを吸いながら禁煙。我慢しないから禁煙成功率89.…
  5. 世界一の長寿村の100% シークヮサージュース  累計150万本突破のシークヮーサージュース「…
follow us in feedly

ページ上部へ戻る