2018-05-14公開  入力:秋谷春恵, 校正:高瀬竜一  (2k/5k)  “ある晩カフェに行くと、一隅の卓に倚ったひとりの娘が、墺太利の千円紙幣でしきりに鶴を折っている。ひとりの娘というても、僕は二度三度その娘と話したことがあった。僕の友と一しょに夕餐をしたこともあった。世の人々は、この娘の素性などをいろいろ穿鑿せぬ方が賢いとおもう。娘の前を通りしなに、僕はちょっと娘と会話をした。 「こんばんは。何している」 「こんばんは。どうです、旨いでしょう」 「なんだ千円札じゃないか...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1.  VERY CARDではインターネットを最大限に活用し、全国配送業者との効率良い連携によって、低コス…
  2.  国内最大級のストックフォトサイト【PIXTA】   …
  3. 大自然のスクーリングが魅力の高校 勇志国際高等学校  有志国際高等学校は、広域性…
  4. 全世界でも6000本しか存在しない・・・  ワイン通の間で話題沸騰のドミニク・ヴェルサーチ赤スパー…
  5. 一眼レフカメラの買取なら【カメラデイズ】  実店舗を持たず店舗の運営コストがかからない分、高く買…

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る