山本 周五郎:樅の木は残った 03 第三部

2018-04-16公開  入力:特定非営利活動法人はるかぜ, 校正:富田晶子  (152k/441k)  “川の音 七月中旬の午後、――ひどく暑い日で、風もなく、白く乾いた奥州街道を、西にかたむいた陽が、じりじりと照らしていた。 「そうだ、あいつだ」と伊東七十郎は歩きながらつぶやいた、「どこかで見た顔だと思ったが、たしかに彼に相違ない」 七十郎は、片方の手で額をぬぐった。手の甲に、べっとりと汗が付き、髪の生え際には、汗が乾いて塩になっていた。着ている生麻の帷子も、袴も、汚れてほこりまみれで、萱笠をあみだに...”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます。ぜひ、本サイトをご覧ください。


◆ 出典・引用元ページは コチラです。
◆ 出典・引用元WEBサイト: 青空文庫 新着情報

◆ 新着情報をダイジェストで無料メール配信 ◆

詳しくはコチラをご覧ください。

↓ 無料購読は以下よりお申し込みください ↓


購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

 

【日刊】なびポーダイジェスト(無料)

新着情報をダイジェストで無料メール配信


詳細 | 購読解除はコチラ | 個人情報保護指針

HOT PR

  1. 今日はバレン&#…
  2. 深夜0時まで不動産のプロに無料で相談ができる「家AGENT+」  Yahooニュースに取り上げ…
  3. 【宝仙堂】すっぽんシジミAgeEX  すっぽんAgeEXは、体力・気力の変化を感じる40代以上…
  4. hossori α(ほっそりアルファ) ・ 痩せたいが運動はしたくない方 ・ 楽…
  5. あなたのお酒、あなたが満足する価格で買い取ります。 不要なお酒の買い取りならスピード買取.jp …

Wの無料プレゼント

follow us in feedly

ページ上部へ戻る